いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
[NEW!!]編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

札幌のレコード屋

*[コラム] 札幌のレコード屋

 

加奈崎芳太郎50周年記念コンサート行商の翌日、19時の飛行機までの間は…というと、書店のチェックと、レコードしか思いつかなかった。東京にいてもやることは一緒。書店はといいますと、札幌駅近くの紀伊國屋書店で発見!面出しで置いて頂けて感謝です。

f:id:markrock:20191111234237j:plain

f:id:markrock:20191111235620j:plain

レコ屋は手始めにすすきの近く狸小路のフレッシュ・エアーという店。早速有名どころからマニアックなレコまで極めてディープ!店の前の300円棚でMurray Head1987年盤Sooner Or Laterを発見しただけで、やるな!と思ってしまう。f:id:markrock:20191111235351j:plain

札幌はディスクユニオンなど中古レコードチェーンが入っていないので、店主独自の品揃えが生きている。ユニオンも好きではあるし、チェーンとはいえ地域により雰囲気も違ったりするんだけれど、一面やはり画一的ではある。で、このお店に入ると、どこから見るか迷う程、天井まで所狭しとレコの山!オールジャンルのこういう店が札幌の音楽文化を育てているのだろう。客足も途絶えない。値段も1000円台と極めて良心的。コロンビアから1972年にリリースされたChris Ducey在籍のデュオPrailie Madnessをまず発見。

f:id:markrock:20191111235420j:plain

Chris Duceyの唯一のソロは持っていた。聴いてみると、エルトン・ジョンとリオン・ラッセルを足したような(彼ら、最後は共演しましたが)、スワンピーで時に叙情的なピアノ・ロック。プロデュースがプロコル・ハルムMatthew Fisherだったので納得。そして、リプロ盤なんだけど、ジャケの質感も良くできているMellow Candleのカルト名作Swaddling Songs、そしてabcから1972年にSteve Barriのプロデュースでリリースされたカントリー・ロック・バンドCherokeeの同名盤Cherokeeを入手。何気にベースが全編バーズのChris Hillmanだったことに驚いた。Sneaky Peteもペダル・スティールで参加。幸先よし。そういえば店名のFresh AirというB級バンドのLPがEpicにあったことを思い出して店長さんに言うと、「あ~」という返事。

f:id:markrock:20191111225947j:plain

 

f:id:markrock:20191111235452j:plain

f:id:markrock:20191111235504j:plain

次は通販で買ったこともあるキングコング。大阪にもあったかな。ここはジャズ、ソウルといったヒップホップのネタ中心の店だけれど、2eyes/360soundがディランの60年代中期の盤を想起させるBilly Joe RoyalDown in the Boondocksを選び取る。Joe Southプロデュースの有名作だけど、オリジはもっていなかった。

f:id:markrock:20191111230146j:plain

で、その次は割と新しいお店らしいけれど同じくすすきの のファイブワン。日本のフォーク・ニューミュージック関係のアルバムやシングルが豊富だった。既にCDやレコードを持っていたけれど山田パンダ大先生の『ラヴリィ・ハット・ショップ』のサイン入りが300円にて。

f:id:markrock:20191111235917j:plain

あとは東芝エクスプレス・レーベルの女性シンガー4人(りりィ、荒井由美、グラシェラ・スサーナ、浅川マキ)の非売品オムニバスが500円。コレ、結構珍しい組み合わせだなと思った。

f:id:markrock:20191111230313j:plain

あとは英国RAKよりNew Worldという3人組の1971年盤、アルフィーのシングル2枚、ご当地札幌出身・鈴木一平在籍のフォーク・デュオ、ラビのシングル「青春碑/すみれ草」、そしてコレはなんじゃろなというCBSのシングル、ヘンリー「かわいそうな娘/悲しい時には」を。ヘンリーのそれはエミー・ジャクソン「涙の太陽」のモダン・フォーク版と思しき和製洋楽的なものと判断。それにしても松山千春中島みゆき、ふきのとうといった北海道出身アーティストのシングルは見たことのないようなものまで出て来て。音楽ファンの熱気を感じる地元ならではの雰囲気がいい。

f:id:markrock:20191112000032j:plain

f:id:markrock:20191111235941j:plain

f:id:markrock:20191027163443j:plain

で、最後は時間もお金も尽きてきたので、市電山鼻線という味のあるチンチン電車に乗り、東屯田通り駅前の音楽創庫タナカへ。ここは凄かった!いわゆる一昔前の、自分が中学生の頃に通っていた古本屋のような狭い店内、これまた古本屋のようなベニヤの倒れてきそうな本棚にレコードがぎゅうぎゅうに詰め込まれている。ここもオールジャンルで在庫多数。なんでここで買ったのかわからないけれどYMOのボール紙の『増殖』とか、加奈崎さん繋がりで、50周年ライブのオープニングのSEでかかっていたザ・バンドボブ・ディラン)の”I Shall Be Released”のカバーが入っているRCサクセションコブラの悩み』のアナログを発見。コブラの悩み』はカセット/CD時代に入っていた時期のリリースだから、アナログはちょっと珍しい。

f:id:markrock:20191112000132j:plain

f:id:markrock:20191112000150j:plain

あとは100円のシングル盤が凄い量だったので、山田パンダ「落陽」、先ほども買ったラビのもう1枚のシングル「季節/愛の架け橋」、徳永英明のド定番「輝きながら…」、ピンク・ピクルス「一人の道/あなたの手紙」、チャゲ&飛鳥MOON LIGHT BLUES」、飛鳥涼ASKA)初のソロより「MIDNIGHT 2CALL」「MY Mr.LONELY HEART」、新井英一の「清河への道」以前の「銀河の流れる街」などを。チャゲアス関係は解散騒ぎもあったからか、往年のファンからと思しき大量のシングル盤が売られていて、ファンの切ない心理を垣間見る。

f:id:markrock:20191112000217j:plain

そしてエレック関係では私のファースト・アルバムで2曲のアレンジをやって頂いた龍(佐藤龍一)さんのシングル「最後のジルバ/夕焼け事件」。これはSF/オカルト・チックなプロモ・シート付なのが珍しかった。このお店もお客さんがとても多くてびっくり。あと、札幌は夫婦でレコ屋に来ている人たちをよく見かけて、女性がレコをサクサクやっているのも印象的だった。これは東京ではあまり見ない風景。最高ですね!

f:id:markrock:20191112000239j:plain