いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
[NEW!!] ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

Steve Gillette / Alone…Direct

*[フォーク] Steve Gillette / Alone…Direct (Sierra/Briar Records / 1979)


久々にレコ掘り屋の聖地・下北フラッシュ・ディスク・ランチへ。インスタでも通販を始めておられるのですが、やはりお店が一番!元古井戸・加奈崎さんの本もお渡しすることができ、チラシも置いて頂けた。椿さんは学生時代、古井戸の「何とかなれ」を演奏したことがおありとか!

f:id:markrock:20200710004959j:plain

色々買いましたが、フォーク魂がうずいたのは、スティーヴ・ジレット1979年の弾き語り盤『Alone…Direct』。これは本当に素晴らしかった。スタジオ・ライブ形式のダイレクト・レコーディングだったみたいだけれど、代表曲の数々をギルドF-50とマーティンD-18 & 28、そしてギブソンJ-50を使い分けて弾き語る。凄まじい演奏力。変則チューニングも多く使っていることに気がつく。取り上げているのは、イアン&シルヴィアが取り上げてヒットし、後にカバーしたジョン・デンバーなど300以上のヴァージョンが存在する代表曲”Darcy Darrow”、ニッティ・グリッティ・ダート・バンドやリンダ・ロンシュタットが歌った”A Number And A Name”、サンシャイン・カンパニーやスワンプウォーターが取り上げた”Back On The Street Again”、名曲”Gamblin’ Man”など60年代の楽曲だ。ロック世代が一目置いていたことは、同年にRegency Recordsよりリリースした『Little Warmth』のプロデュースをグレアム・ナッシュが手掛けたことからも伺える。1967年にヴァンガードからリリースした『Steve Gilletteには、前述の”Darcy Darrow”、”A Number And A Name”、”Back On The Street Again”と共に、パメラ・ポランドが作った”Goin' Home Song”が収められている。語りモノバラッドの伝統をオリジナリティの領域に昇華させたのが彼の個性だった。

f:id:markrock:20200711102337j:plain