いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!] ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

なぎらけんいち・生田敬太郎・古井戸 

markrock2011-01-28

/ 唄の市 組曲「男・男・男」( Victor SF-1019 / 1972 )


慌ただしくてなかなか更新できなくて。久々ですね。


今日は最近手に入れた盤を。ずっと欲しかったモノだ。唄の市というとエレック黄金期を支えた定例イベントで、エレックの一連の復刻シリーズではライブ盤の相当のCD化が進んだわけだけど、こちらはビクターのSFシリーズで発売された1枚。コレはSFシリーズの復刻でもスルーされた。


メンツとしては、古井戸に生田敬太郎というのはおなじみの所。なぜなら古井戸の加奈崎芳太郎は生田敬太郎とK2ユニットを組んでいたこともあるし、チャボこと仲井戸麗市が古井戸解散後に合流したRCサクセションには生田が在籍していた時期があるから。なぎらはちょっと珍しい所ではある。"教訓2"が話題になっていたであろうことはMCからもわかる。このあとエレックで放送禁止のシングル"悲惨な戦い"をヒットさせたりもするわけだけれど。


冒頭は組曲「男・男・男」とあり、生田の”世の流れに”、なぎらの”丘の下の町”、古井戸の”750円のブルース”がメドレーで。ギターの音が、マグネティック・ピックアップの音だからか、エレキ弾き語りのように聞こえる。もっとも、ジャケでなぎらがグレッチを弾いているように(”永遠の絆”かな)、フォークに似合わずエレキを使った曲もあるのかもしれない。


個人的にぐっと来たのは生田敬太郎の弾き語りかな。”もう待ちくたびれた”とか、ハーモニカとギターで切々と歌い上げるブルース・フォークはシバなんかともまた違った独特の味わいなのだ。ジョン・メイオールの曲にディランの訳詞をそのまま載せた、なんてお茶目なMCで始まる”あいつ”も良かったし。なぎらも相当人を食ったステージを披露していて(カネがない〜鉄道ビルの歌)、今も昔も相変わらずと唸らされる。古井戸は流石の音楽性の高さを披瀝。”待ちぼうけ”、”ごろ寝”、”花言葉”の3曲。ファーストの発売に近いだけに、レコーディング音源の雰囲気をライブで味わえる。ラストは生田の代表曲”この暗い時期にも”を全員で。”Let It Be”からの影響がこのバンドアレンジだと良く解るのだけれど、それにしてもなんて良い曲なんだろう!ザ・バンドビートルズを歌ったみたいな、計算より経験がモノを言う雰囲気がある。