いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
[NEW!!] ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

Booker T.Jones / The Runaway

*[ソウル] Booker T.Jones / The Runaway(MCA / 1989)

 

完全にスルーしていた盤。こんなの出てたっけ、という。A&Mからの『I Want You』の次作が1989年のコレ。そしてMGs1994年の再編作を挟んだその次のソロは20年後!2009年の『Potato Hole』

f:id:markrock:20200712090407j:plain

ここのところ、CDとの過渡期の87~89年のLPを重点的に集めている。ラップ前夜のブラコンとかもマイナーな人含め結構LPが出ている。CDになると急に興味が薄れちゃうんですが。ただこの時代、中には今の新譜LPなんかとは比べ物にならないレベルの高音質LPがあるんですよ。実はオンタイムのCDより音が良い盤があったり。とはいえ世代的にはなぜか一番音を聴く機会が少なかった時代。90年代に入るとリアルタイムの記憶があるのだけれど。

f:id:markrock:20200712091407j:plain

で、ブッカーTジョーンズですよ。レイト80’sそのもの、な自身による打ち込みのクールなサウンドにいつものヒップなハモンドB-3オルガンが浮遊する。チープと捉える人もいるかもしれないけれど、結構気持ちいい。面白いのは、いろんなギタリストとの共演が楽しめること。ヒューイ・ルイス&ザ・ニュースのクリス・ヘイズ、TOTOのスティーブ・ルカサー、ジャジーないぶし銀のプレイが光るフィル・アップチャーチ、リズム・カッティングの鬼ポール・ジャクソンJr.、泣く子も黙るラリー・カールトン先生、そしてデヴィッドT・ウォーカー御大。ベースはネイザン・イーストが参加して固いサポートを。スティーブ・ルカサーとかクリス・ヘイズなんかは、きっとMGズに加入した気分でアガってたんじゃないかなと想像。ルカサーは弾きまくりですが。個人的にはフィル・アップチャーチが参加した”The Cool Dude”がスティービー・ワンダーを思わせる切ないメロで最高だった。マスタリングはバーニー・グランドマンでした。