いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。 『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!! ●石浦昌之著 ●定価:本体2500円+税 ●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック

Jermaine Jackson / Jermaine(Motown / 1972)

markrock2019-01-25


ジャクソン・ファイブ〜ジャクソンズの三男ジャーメイン、1972年初のソロ・アルバム。スムースなボーカルやグループを脱退しての積極的なソロ活動を含めて、弟マイケル・ジャクソンのモデルとなったのではなかろうか。なかなか自己主張が強く、キツい性格なのか、トラブルの噂を色々聞く人でもある。モータウンベリー・ゴーディの娘と結婚していた時期もあった。個人的には1976年の3枚目『My Name Is Jermaine』が結構好きで良く聴いていた。売れたであろう80年代の諸作よりも。



この初ソロ、アメ盤LPのむちゃくちゃ分厚いボール紙がまたたまんないですね。分厚いのにゲイトフォールドっていう。たいていこういう材質の盤は取り出し口と背が擦れまくっている。で、中身はというと、選曲が何よりも良過ぎる。まず冒頭ジョニー・ブリストル作の”That’s How Love Goes”が良く出来ている。ソウル界のアイドルたるジャクソン・ファイブの色が濃い、激ポップなベース・リフが最高で!それでいてレッドボーンの”Come And Get Your Love”のような胸をかきむしられるような切ない美メロ。70年代後半になると、色んな白人バンドがAORな文脈でブルー・アイド・ソウルをこんな感じでやるんだけど、モノホンのソウルを聴いて思うのは、そんなのとっくに70年代初頭にやってたよ!っていう話。そしてホランド・ドジャー・ホランドの”I’m In A Different World”と”Take Me In Your Arms (Rock Me For A Little While)”。後者はドゥービー・ブラザーズのカバーで有名(オリジナルはエディー・ホランド自身1964年のレコーディングで、翌年にキム・ウェストンがカバー)。そしてサイモン&ガーファンクルの”Homeward Bound”のソウル・カバーなんてのもあるんですよ。そしてそのアート・ガーファンクルが1975年にカバーしたフラミンゴスの”I Only Have Eyes For You”。ジャクソン・ファイブの楽曲を多く手がけたThe Corporations(ベリー・ゴーディ、アルフォンゾ・マイゼル、フレディ・ペレン、デイク・リチャーズ)の”Live It Up”もジャクソン・ファイヴに比べると大人っぽい作りで。リオン・ウェアやパム・ソーヤーがソングライティングに加わった”If You Were My Woman”もある。スモーキー・ロビンソンがプロデュースしたマーヴィン・ゲイの”Ain’t That Peculiar”のカバーも印象的だった。どう考えてもあざといアイドル歌謡のような作りなんだけど、この歌唱力ですから別格!