いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!] ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

Shaun Harris / Same(Capitol / 1973)

markrock2017-06-23


フリート・フォクシーズの新作を聴いていたら、なんだか無性に聴きたくなってきたのがハーツ&フラワーズの1968年のキャピトル盤『Of Horses, Kids, and Forgotten Women』(ラリー・マレイ、デイヴ・ドーソン、そしてバーニー・リードン!)とショーン・ハリス1973年のキャピトル盤『Shaun Harris』。どちらもキャピトル産・カリフォルニアン・ポップの伝統ともいえるコーラスが印象的なカントリー・ロック盤。

ただ一筋縄ではいかないのはショーン・ハリス盤。ショーンはウェスト・コースト・ポップ・アート・エクスペリメンタル・バンドのベーシストだった人。ウェスト・コースト・ポップ・アート・エクスペリメンタル・バンドは60年代後半、サイケデリック・ロック全盛期に結成され、ショーン&ダニーのハリス兄弟と共にオズモンズ、ショーン・キャシディ、レイフ・ギャレットといったティーン・ポップのプロデュースで後に当てまくるマイケル・ロイドが在籍していた。ロイドはCCMの名プロデューサー、クリス・クリスチャンとコットン・ロイド・クリスチャンを組んでもいた(これも最高!)。個人的にはマイケル・ロイドと名のつくレコードはマイク・カーブ、トニー・ロメオ、ダニー・ジェンセンといった辺りと共にクレジット買いで相当集めたけれど。



このショーン・ハリスの唯一盤もショーンと共にマイケル・ロイドがプロデュースを手がけ、バックはハル・ブレイン、ジム・ゴードン、キャロル・ケイ、ジョー・オズボーン、ディーン・パークス、ラリー・ネクテル、マイケル・オマーティアン…というレッキング・クルーの面々。一聴してビーチ・ボーイズ・ライクなコーラスが映える”Love Has Gone Away”には本家ブルース・ジョンストンが参加していて。その他の曲も全編ハリス兄弟による多重コーラスを駆使しつつ、イーグルス・ミーツ・ビーチ・ボーイズなカントリー・ソフト・ポップを聴かせてくれる。A面ラストの”Canadian Ships”という曲、幻想的・サイケなムード、物悲しいメロディに分厚いコーラスと弦が被せられて…そう、フリート・フォクシーズを聴いていて頭をよぎったのはこの音なのだった。

ちなみにショーンの父はアメリカン・クラシックの作曲家ロイ・ハリス、母はカナダのピアニスト・作曲家のジョハンナ・ハリス。本盤を彩るオーケストレーションはそうした素養を感じさせてくれもする。