いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]評論家・映画監督の切通理作さんが店主を務める阿佐ヶ谷・ネオ書房の読書会を開催します。
哲学を学び直したい人のために ネオ書房【倫理教師・石浦昌之ライブ読書会】 12月20日(日) 18時半開場 19時開演 高校倫理1年間の授業をまとめた新刊『哲学するタネ 西洋思想編①』(明月堂書店)から、西洋哲学の祖、ソクラテスを取り上げます。 内容 ◆ フィロソフィア(愛知)とは? ◆「無知の知―汝自身を知れ」 ◆問答法はディアロゴス(対話)の実践 ◆「徳」とは何か? ◆プシュケー(魂)への配慮 ◆善く生きることとは? 入場料1200円 予約1000円  予約kirira@nifty.com
[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

西城秀樹 / エキサイティング秀樹−ちぎれた愛/情熱の嵐(Victor /1973)

markrock2018-05-21


西城秀樹が亡くなったというニュースには本当に驚いた。脳梗塞の後遺症でリハビリが続いているという話は聞いていたけれど。身をよじり元気に熱唱している姿しか思い浮かばない。70年代最後の年に生まれた自分としては、はじめはバーモントカレーのCMのお兄さん、という印象。もちろん「YOUNG MAN (Y.M.C.A.)」(オリジナルのヴィレッジ・ピープルはゲイ・ピープル向けバンドでした)や、ちびまる子ちゃんのエンディング・テーマもあった。高校生くらいの時に観たコンサートで「ギャランドゥ」を歌っているのを聴いて感動したことも。もんたよしのり作。初めて買った洋楽CDがビリー・ジョエルストレンジャーだったから、感動して当然だったような。タイトル曲と結構似ている(笑)。


西城秀樹は歌謡界にあって、無類のロック少年だったようだ。新御三家では野口五郎もギターを弾くし、洋楽志向が強かったけれど、西城秀樹の方がもっと根源的にソウルがあったような気がする。何しろ出身は広島。広島、大阪、福岡といったあたりは日本でもブルーズやロックの土壌があったわけだけれど、矢沢&ジョニーのキャロル同様、出自に由来するブルーズをリアリティをもって歌うことができたのだろう。


しかしなぜ売ってしまったのか、と今自分を責めているけれど…昨年の引越しの際、西城秀樹のレコードを多く手放してしまった。今のままのレコ量を維持するためにも致し方なく歌謡曲系を減らしたんだった…芳野藤丸が参加した、洋楽ロックのカバーを含むライブ盤なんかも結構好きだったんだけれど。

ということで、残されたものから3枚目の『エキサイティング秀樹−ちぎれた愛/情熱の嵐』を。コレ、今聴くとGS〜ニュー・ロックの延長のようなぶっとい音。これは素直にアナログで聴きたくなる。馬飼野康二&俊一の作・編曲を中心に、鈴木邦彦、井上忠夫かまやつひろし、それに森田公一といった作曲陣が名を連ねる。中古で買ったとき、当時のサインも挟まっていた。こういう類はご本人が買いたのか、マネージャーが書いたのか、わかりませんが(笑)。

あとは「ブルースカイブルー」や「ブーメラン ストリート」、あとはオフコースのカバー「眠れぬ夜」なんかももちろん収録した1981年の2枚組ベスト盤『HIDEKI PRESENTS 30SONGS FROM BEST HIT CHART』、同1981年のオリジナル・アルバムポップン ガール・ヒデキ』が残っている。後者は大滝詠一松本隆鈴木茂というはっぴいえんどコンビが一同に介した「スポーツ・ガール」「ロンサム・シティー」が収録されているので手元に残した。どちらかといえば「ロンサム・シティー」の方がいい仕上がりかな。まだまだヒデキはレコードの中で生きている。