いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]評論家・映画監督の切通理作さんが店主を務める阿佐ヶ谷・ネオ書房の読書会を開催します。
哲学を学び直したい人のために ネオ書房【倫理教師・石浦昌之ライブ読書会】 12月20日(日) 18時半開場 19時開演 高校倫理1年間の授業をまとめた新刊『哲学するタネ 西洋思想編①』(明月堂書店)から、西洋哲学の祖、ソクラテスを取り上げます。 内容 ◆ フィロソフィア(愛知)とは? ◆「無知の知―汝自身を知れ」 ◆問答法はディアロゴス(対話)の実践 ◆「徳」とは何か? ◆プシュケー(魂)への配慮 ◆善く生きることとは? 入場料1200円 予約1000円  予約kirira@nifty.com
[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

miya takehiro / アウトドア日和(LIFE CARAVAN MUSIC / 2018)

markrock2018-05-06


ゴールデン・ウィークもアッと言う間に終わりまして。予想していたより天候も良く、太陽の下で過ごした方も多いのではないかと思う。そんなタイミングにバッチリの新譜が4月25日にリリースされた。芽瑠璃堂さんでリリースインフォも出ていたmiya takehiro(http://miyatakehiro.com/)の新譜、その名も『アウトドア日和』!!ジャケットからしてもう最高ですよね。この連休中、どれだけリピートしたことか。ヴァイオリンがケルティックな彩りを添えたその名も”アウトドア最高”とか、レゲエ・ビートな”休日サーフィン”だとか…雨が降ってもヤリが降っても、自宅にいたってアウトドアを楽しみますよワタシは。トニカク気持ちいい〜粒の立った7曲27分、スムースに流れていくようで歌詞やサウンドが1曲ごとに引っかかってくるんだな、これが。

「8年やったバンドをやめて 一人で各地を歌いまわる
かっこつけるならソロアーティスト 襟を正せば 個人事業主
「最近CD買ってないなーとか 言いながらYouTubeで聴きあさってる
テレビで聞いて好きになった曲 それは繰り返し聞いたからでしょ
だったら俺があなたの目の前に 何度でも歌いにいくよ」(”シンガーソングトラベラー”)

ソロ・アルバムとしては2016年リリースの『COMMUNICATE by the Music』http://d.hatena.ne.jp/markrock/20160411)に続く3枚目となる本作。ウクレレ片手に年間100本のライブで全国を飛び回り、様々なフェス、日テレ「ズームインサタデー」、J-WAVEFMヨコハマへの出演などで観客を沸かしてきたmiya takehiro。満を持しての本作で主人公の脇を固めるのは、ベース伊賀航(ex.細野晴臣星野源曽我部恵一)、ギター齋藤純一(ex.ALIAKE)、サックス加藤雄一郎(ex.NATSUMEN、L.E.D.、サニーデイ・サービス矢沢永吉)、ドラムス脇山広介(ex.tobaccojuiceウカスカジー(桜井和寿&GAKU MC))、コーラスやまはき玲というお馴染みのメンバー。安心できるメンバーを前に、ウクレレとピアノでのびのびプレイしているのが印象的だ。その楽曲は”シンガーソングトラベラー”よろしく、miya takehiroの旅する・アウトドアなライフスタイルからナチュラルに生み出されたものとわかる。そんなに堅苦しいものじゃないけれど“思想”みたいなモノが透けて見えるのもいい。

浦和レッズOFFICIAL TV のBGMを担当し、ときに球を追いかける現役フットボウラーでもあるmiya takehiroならではの”GOAL”はハッピーなホーンセクションに導かれる人生の応援歌。冒頭から幸先いいスタートを切る。”トモステラス”にはEテレ「シャキーン!」出演の双子のラッパー上鈴木兄弟のP.O.P(ピーオーピー)をフィーチャー。ウチも「シャキーン!」を毎朝観てるので普通に嬉しい(笑)。この世代感にグッと来ちゃうんだけれど、世代感といえばセルフプロデュースの本作中唯一ヨースケ@HOMEが手がけた”昭和生まれ平成育ちの君へ”にはいい意味で打ちのめされてしまった。平成も終わろうとする中で、団塊前後のチルドレン世代(=ファミコン世代)である(あえて言おう)「僕ら」の歌がやっと生まれたという感動…ライブで新曲として初めて聴いたとき、今年1月ダウンロードで先行リリースされたとき、CDで聴いているいま…その興奮や印象は、変わらない。言葉で説明するより、まず実際の歌詞やメッセージに触れてほしいと思うけれど、サウンドに関してだけいうと、二人が幾度も共演しレスペクトするGAKU-MC(ex.EAST END)の文脈、フリーソウルな90年代ヒップホップの意匠を汲んでいるように思えた。オフコース”Yes-No”をサンプリングしたかのようなアウトロには泣けた。

GW中にはご当地タワーレコード浦和店でインストアライブが行なわれ、乃木坂46小田和正オフコース!)に混じってチャート4位にランクインした。CDを届ける「場」があるのは、作り手にとっても、聴き手にとっても素敵なことだと思う。リリースツアーの予定も着々組まれているようで、5月13日には東京・渋谷セルリアンタワーJZ Bratにて、レコーディングのメンバーを引き連れた豪華なワンマンライブが予定されている。透明感のある生歌とウクレレはもちろん、”シンガーソングトラベラー”でのシャーリー・バッシー版"Spinning Wheel"を思わせるファンキーなギターなども聴けるのではないかと。“オーシャンゼリゼ”で大団円を迎えている画が、もうすぐそこまで見えてきた!

miya takehiro オフィシャルサイト
http://miyatakehiro.com
facebook :
https://www.facebook.com/miyatakehiro.music
twitter :
https://twitter.com/miya_takehiro/