いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。 『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!! ●石浦昌之著 ●定価:本体2500円+税 ●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック

The Checkers / Checkers in 「TAN TAN たぬき」(Canyon / 1985)

markrock2018-09-22



アイドル的人気を博していた時代のチェッカーズ映画のサントラ(のはず)。まーなんでしょうね。60年代で言えばスパイダース映画とかそういう類かと。正直熱心に聴いていたわけではないけれど、芹澤廣明ワークスを追いかけているうちに、初期チェッカーズのLPがなかなか良いと気が付いた。これはたまたま立ち寄った吉祥寺のレコ屋で本日入手。

映画のセリフも全面的に入っていたり、DVDやYouTubeもない時代のファンはたまらなかったんじゃないだろうか。芹澤廣明音楽監督を務めたサントラは「セリフとオンガクのショーワ60’sサウンド」というコピーが語る通り、前半は「オーキャロル」「悲しき片思い」「ハウンド・ドッグ」「ツイスト・アンド・シャウト」といった風に、60年代前半、ビートルズ前夜のアメリカン・ポップスのカバーが中心。アメリカン・グラフィティ的な。映画にもジョニー大倉、尾藤イサオ、鈴木やすし、なんていうロケンロールな顔ぶれが。そしてそこから芹澤の名作「涙のリクエスト」「星屑のステージ」が挟まってくるという。つまり王道モノホンのアメリカン・ポップスに続き、和製アメリカン・ポップスを違和感無く並べようとした意図も見えてくる。そう思うと、芹澤からすればチェッカーズはシャナナをプロデュースする感覚だったのかもしれない。そこに収まりきらなかった彼らとの確執は必然とは言え、残念だったけれど。「危険なラブ・モーション」て曲もビートリーでなかなか良い!


帰りに立ち寄った吉祥寺サンロードの素敵な本屋さんブックスルーエ2Fにて。

「ボリュームはありそうですが、各章はすぐに読める分量で、また内容は話し言葉でやさしくまとめられていて、まさに授業を受けているように読み進められます!」

コメントも頂きありがとうございます!まだの方はぜひお手に取って見てください!



『哲学するタネ【東洋思想編】—高校倫理が教える70章』(明月堂書店)
アマゾン
https://www.amazon.co.jp/%E5%93%B2%E5%AD%A6%E3%81%99%E3%82%8B%E3%82%BF%E3%83%8D%E3%80%90%E6%9D%B1%E6%B4%8B%E6%80%9D%E6%83%B3%E7%B7%A8%E3%80%91-%E7%9F%B3%E6%B5%A6%E6%98%8C%E4%B9%8B/dp/4903145638/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1536625682&sr=8-1&keywords=%E5%93%B2%E5%AD%A6%E3%81%99%E3%82%8B%E3%82%BF%E3%83%8D
honto
https://honto.jp/netstore/pd-book_29236382.html