いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!] ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

克美しげる / 霧の中のジョニー(東芝 / 1960)

markrock2018-02-01


“霧の中のジョニー”といえば、ジョン・レイトン1961年の大ヒット曲”Johnny Remember Me”。フィル・スペクターとも並び称されるポップス狂ジョー・ミークのプロデュース。スペクターやミークのフォロワーである大滝詠一が”さらばシベリア鉄道”としてほぼ引用したのは有名な話。太田裕美のレコーディングもある。



アメリカン・ポップスのメロディの定石に日本語を載せると大滝ポップスが完成するわけだけれど、それを発明したのはシンコー・ミュージックの会長だった漣健児こと草野昌一その人。だから当然、漣健児訳詩の“霧の中のジョニー”は”さらばシベリア鉄道”に聴こえなくもない、というわけで。



漣健児訳詩の“霧の中のジョニー”を歌っていたのは、カバー・ポップス時代にヒットを飛ばした克美しげる。手元にあるのは東芝から出た計8曲収録の10インチ。坂本九とか森山加代子とか、そんな時代の匂い。そして加山雄三とかベンチャーズの日本盤の中古によくある感じのレコードの擦り切れ方(笑)。おまけにキズがひどすぎて音まで飛んじゃうんですが。ちなみに赤盤。



ちなみに「エイトマン」の主題歌を歌うなど一世を風靡した克美しげるだけれど、その後は落ちぶれて、銀座の女性に貢がせたあげく、不倫発覚を恐れて殺めてしまう…という壮絶な人生を送っている。フィル・スペクターのようだけれど、当然10年間刑務所に入ってもいる。ジャケットに映るこの時、そんな人生になることはよもや予想できなかっただろう。