いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。 『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!! ●石浦昌之著 ●定価:本体2500円+税 ●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック

Ramones

markrock2009-11-16

/ End Of The Century ( Rhino / 1980 )


ラモーンズ。実にイカしたロックンロールバンド。曲の短さも含めて実に愛すべきバンドらしいバンドなんだけど、ポップスファンにはフィル・スペクターがプロデュースしたこの『End Of The Century』と、グレアム・グールドマンがプロデュースした『Pleasant Dreams』は外せない名作。2002年にライノからリマスターが出たのだけれど、ボーナスの方が本編より多いものがある位見上げたサービス精神に貫かれていて。


今日聴いている『End Of The Century』の冒頭、ジョンが死ぬと言うロックンロール・エラの終わりを予見したようなM-1”Do You Remember Rock’n’Roll Radio?”は何時聴いても良い。ロックンロール祭りっすよ、この音。だいいち本作、鬼才ってかとうとう殺人者になってしまったフィル・スペクターが80年代にマトモに手がけた唯一の(最後の)作品なんだし。ウォール・オブ・サウンドの80年代的展開はこう聴こえるのでありまして。大滝よりも旧時代的なのが面白いけれど、とんでもない音圧!!エリー・グリニッジ/スペクター作のM-7”Baby I Love You”のカバーもあり、こちらはドラムスのエコーがやたらと印象的だが、愛すべきカバーなのかも。ラモーンズだと考えるとトロいけど。


あと、ビーチ・ボーイズ的なポップさを持つM-3”Danny Says”も最高。ボーナスのデモM-14ではなんてことのないロックンロールなんだけど、こんなバラードに変貌を遂げるなんて…まったくもって舌を巻く。これは面白かった!!M-8”I Can’t Make It Time”にもポップなシックスティーズ感覚を見て取れる。M-10”Rock’nRoll High School”の再録もサーフィンU.S.A.なビーチボーイズを思わせるもの。


ボーナスもとても良い。M-13”I Want You Around”のサウンドトラック・ヴァージョンとやら、メロの良さが生かされている。M-1”Do You Remember Rock’n’Roll Radio?”もデモでは荒けずりで、それがラモーンズらしさなんだけど、随所に見えるポップな側面を引きずり出すプロデュースだったのかな。フィルの狙いは。まあ当人たちは相当疲れただろうけど。いやしかし、70年代の終わりにロックの終わりと、結局ロックが再生産に陥ることを皮肉にも歌ってますよ。今も相も変わらずなのだけど。