いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!] ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

Stephen Stills

markrock2009-11-15

/ Live At Shepherd’s Bush ( EYEWALL/ATCO/RHINO / 2009 )


最近アーカイブモノのラッシュ状態で、こういう生き急ぐ感じは危ないなと感じているスティーヴン・スティルス。CDとDVDの2枚組がアマゾンでは高すぎるけれど、CD WOWは送料込で1500円。そんなわけで購入。


さて、CDをプレイヤーに入れてみると80分を超えている。コレは初めてお目にかかる長時間録音盤。前半が弾き語りのアクースティック・セットで後半がエレクトリックという、70年代のスティルスの名ライブ盤『Stills Live』(1975)同様の作り。ただし、早速アクースティック・セットを聴いてみると、最近の声の出ないスティルスが目だって、荒っぽい。何度もトリビュートしているディランものとしては初めて聴くカバーM-5”Girl From The North Country”は良かったものの、スティルスの悪い癖が出たなと思ったのだが、後半のエレクトリック・セットになって本来のダイナミックな音楽性が蘇ってきて。声も幾分かハリが出てくる。バッファロー時代のM-9”Rock&Roll Woman”、M-12”Bluebird”、M-13”For What It’s Worth”なんてのがギターソロ含めた間奏の熱さも含めて素晴らしい。M-12”Bluebird”はとりわけ嬉しい収録。『Man Alive!』に入っていたナッシュとスティルスの共作曲とジェイムス・ギャングのメドレーM-11”Wounded World/Rocky Mountain Way”もなかなかブルージーで。ジョー・ウォルシュはスティルスの前座をやっていたりしたスティルス・フォロワー。そのジョーのバンド、バーンストームにいたジョー・ヴァイタールは本作でもドラムスで参加。CSNのツアーでもお馴染みだ。ラストはM-14”Love The One You’re With”。CSNのツアーでも演ってるけど、コレのエレクトリック・ヴァージョンが好きな人っているのだろうか?今まであまりピンと来たことがない。ただし今回、コーラスはそこそこ気持ちが良い。


次にDVD。CDより良いじゃん!!音質も。初めからコッチで観ればよかった。2枚くっ付いて来てこの価格ならカナリお得。


あとは、話題になるであろうリック・ルービン・プロデュースのCSNの新作カバーアルバムがどう仕上がるか、ですな。ナッシュ、クロスビーに次ぐスティルス・ボックス&ジミヘン・セッションもリリースされるみたいだし。1974年の再編成CSN&Yだって公式音源出せるはず。ビートルリマスターにせよ、オールド・ロックファンの購買力に支えられているレコード業界ではありますが。