いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

 Phil Collins

markrock2010-09-16

/ Going Back ( Atlantic / 2010 )


解説不要の好盤!全くもって無条件で楽しめるモータウン・カバー集。結構完成度が高いと断言できる。金と愛情が掛かってますよ。フィルとモータウンとの関係はシュープリームスの”You Can’t Hurry Love”をリメイクしてヒットさせたり、”My Girl”をライブでカバーしていたり、ラモント・ドジャーに”Two Hearts”のプロデュースをお願いしたりと、その影響は伺えたモノ。まことにソウルフルなボーカルとポップなメロも、ソロのフィル・コリンズの音はモータウンに尽きるのかな、なんて言ったら言い過ぎかもしれないけれど。


まず仕様。正直輸入盤を早くから予約していたんだけれど、国内盤の方が発売が早く、しかもボーナスが7曲追加と知り、急遽差し替え購入。タワレコに走ってみたわけだ。少年時代のフィルのモノクロジャケにお馴染みの手書きタイトルが入る安心感のあるスタイル。しかも堂々アトランティックからのリリースということでフィルも鼻高々なはず。同じモータウン集と言うことではマイケル・マクドナルドのモノを思い出すけれど、そちらより生感覚の作りが嬉しい。なにしろ、モータウンの最盛期を支えたファンク・ブラザーズ参加ですよ!ドラムスはもちろんフィル自身。ボーカルも力みがなく、とてもスムース!ブックレットのデディケーションを含めた写真が良い感じで。スティーヴィーやスモーキーが写るのは解るとして、ザ・フーはいいとしてアクションなんて渋いモッズバンドの写真もあって。アクションには相当の影響を受けたらしい。うん、ぼくも初めて聴いたときその黒さにビックリした。フィルのモッズ時代のフサフサ髪の1枚も。いずれにせよ、ビートバンド経由でモータウンの魅力に触れたのではあるまいか。


カーティスやスモーキー、マーヴィン、スティーヴィー、ホランド・ドジャー・ホランド、ホイットフィールド&ストロングは解るとして、ちょっと嬉しかったのはガール・ポップの、しかもアンダース&ポンシア(フィル・スペクターとの共作名義の”Do I Love You”)やゴフィン&キングの”Going Back”をレコーディングしていること。前者は完全にスペクター・サウンドしてるんだよ、これが。


うーん、この先、サンタナのロック・クラシックのカバー集、クラプトンのジャズ接近な新作、エルトン・ジョンレオン・ラッセルの共演、ディランのブートレッグシリーズ新作やら、ニール・ヤングの新作、ドゥービー・ブラザーズのテッド・テンプルマン邂逅作などロック黄金世代の現役作が相次ぐ秋になりそう。第1世代ではまたまた豪華ゲスト参加のジェリー・リー・ルイスの新作もアリ。アマゾンは巧みな買わせ方を知っているな。


てなわけで、曲目を載せときます。

1. ガール(ホワイ・ユー・ワナ・メイク・ミー・ブルー) 2. ヒート・ウェイヴ
3. アップタイト(エブリシング・ズ・オーライ)
4. サム・オブ・ユア・ラヴィン
5. エイント・トゥ・プラウド・トゥ・ベグ
6. イン・マイ・ロンリー・ルーム
7. テイク・ミー・イン・ユア・アームス(ロック・ミーア・リトル・ワイル)
8. ブレイム・イット・オン・ザ・サン
9. パパ・ワズ・ア・ローリング・ストーン
10. ネヴァー・ドリームド・ユード・リーヴ・イン・サマー
11. スタンディング・イン・ザ・シャドウズ・オブ・ラヴ
12. ユーヴ・ビーン・チーティング
13. ドント・ルック・バック
14. ユー・リアリー・ガット・ア・ホールド・オン・ミー
15. ドゥ・アイ・ラヴ・ユー
16. ジミー・マック
17. サムシング・アバウト・ユー
18. 恋ははかなく
19. ラヴィング・ユー・イズ・スウター・ザン・エヴァ
20. エイント・ザット・ペキュリアー
21. ゴーイング・トゥ・ア・ゴー・ゴー
22. ノウホエア・トゥ・ラン
23. トーキン・アバウト・マイ・ベイビー
24. ダンシング・イン・ザ・ストリーツ
25. ゴーイング・バック