いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]評論家・映画監督の切通理作さんが店主を務める阿佐ヶ谷・ネオ書房の読書会を開催します。
哲学を学び直したい人のために ネオ書房【倫理教師・石浦昌之ライブ読書会】 12月20日(日) 18時半開場 19時開演 高校倫理1年間の授業をまとめた新刊『哲学するタネ 西洋思想編①』(明月堂書店)から、西洋哲学の祖、ソクラテスを取り上げます。 内容 ◆ フィロソフィア(愛知)とは? ◆「無知の知―汝自身を知れ」 ◆問答法はディアロゴス(対話)の実践 ◆「徳」とは何か? ◆プシュケー(魂)への配慮 ◆善く生きることとは? 入場料1200円 予約1000円  予約kirira@nifty.com
[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

Roger Nichols Treasury / Extra Tracks ( Victor / 2018 )

markrock2018-10-09



久々の更新。相変わらずのレコ買いまくりなのに、それについて書く気が起こらない日々で。ある種の無力感。嘘ばかりがまかり通る腐りきった世の中に絶望して…と言ったらカッコ良すぎるけれど(笑)最近出した本のことで色々頭が一杯だった、というのもある。そうそう、まだ具体案は未定なので詳細は控えざるを得ないけれど、私の音楽人生で最大の影響を受けたミュージシャンとの書籍企画の構想がやおら首をもたげて来てもいる。

さて、今日入手したのはロジャー・ニコルズの発掘音源モノの第2弾Roger Nichols Treasury / Extra Tracks』。第1弾は2枚組CDとLPと両方買ったものの、まだ紹介していなかった。


紹介の順番が逆になってしまったのは、今の時代を象徴するようだけれど、正直情報量が多過ぎて、自分の中で消化できなかったという部分。ディランのブートレッグ・シリーズなんかも(今度の『血の轍』アウトテイクは楽しみであるにせよ)、もはや消化不能。愛してやまないバリー・マンの昨年リリースのデモ集プライヴェート・トレジャーズ』ですら、消化できなかった。CDを出せる機会はそうないし、出せる時に出すというのもわかる。マニア向けに詰め込めるだけ詰め込んだ音源を聴きたいという欲望もある。でも20年前と比べて、未知の音に対する飢餓感が違って来ている。


そう思うと、プロデューサーの濱田高志さんの音楽アーキビストとしての情熱が衰えなかったことは本当に凄いと思う。当初は乗り気でなかったロジャー自身を結局は動かして、今回のリリースに至ったのだから。しかもライナーを読む限り、曲選を濱田さんに任せると言いながら、濱田さんの選曲の半分はオミットされたとか、ロジャーはコダワリがあって、なかなか難しそうな人であるような気もした。業界的にはやっぱり60〜70年代の人、というイメージなのだろうし、80年代以降のキャリアがそこまで順風満帆でなかったのは、そういった部分もあるのかもしれない。ワカリマセンが。ただ今回のCMや未発表インストを中心とするデモ集(新録含む)30曲を通して聴いてみて、かつて『スモール・サークル・オブ・フレンズ』で魅了された音楽の魔法が改めてそこにはあった。流麗で優しいメロディと、そこはかとない気品と。時代が一回りした今だから、渋谷系、って言ってた頃の、音楽を知り尽くしていた人達が、再び熱心なリスナーとして、情熱的でクールな作り手として、カムバックして欲しいと思う。