いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
[NEW!!]編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

Michael Jackson

markrock2010-12-19

/ Michael ( Sony / 2010 )


忘年会シーズンですね。翌日はほとんど機能しないですね。なら呑むな、って話なんですがね。でも、色々な世界で生きている人と話をするとマア面白い。IT業界の友人が言ってたけど、ツイッターmixiと同じ道を辿るって。正直ツイッターやるほど暇じゃないなって思ってしまう、情けないほど時代遅れなタチなのでやってもやらなくても結局一緒かなと思ってしまった。手を変え品を買え、なんであろうと人は人を求めるモノなんですな。沢山人の集めるところで繋がりたいというのはいつの時代も一緒でありまして。


そんなことを考えながら故マイケル・ジャクソンの新作を聴いている。買ったのはすぐに手に入った輸入盤。国内盤のボーナストラックはない。一人のミュージシャンがマスの支持を一手に集めることができた幸福な時代がかつてあった。遺作というのもまた違うけど、今後ニューアルバムをごっそり出せるストックがあるってのも流石です。小出しにするみたいですけど。


ジャケは過去のイラストレーションをコラージュしつつ、彼のソロ・キャリアを一望するもの。さらに内ジャケのイラストはその拡大版で、ジャクソン兄弟やモータウンの先達も描かれている大作だ。


中身は聴いてみると思った以上に出来が良い。本作のリード・トラックとなる”Hold My Hand”はエイコンとのデュエットで、今の売れセンってな仕上がりなんだが、主導権はエイコンだから、マイケルファンには?かもね。元々エイコンのアルバムに入る曲だったわけで、マイケルは客演扱い。完成度もマイケルの最高とは言い難いけれど、曲もいいし十分及第点。良しとしよう。


テディ・ライリーの手がけた”Hollywood Tonight”は実にマイケルらしいちょっぴりエグいキャッチーなダンス・トラック。こういったマイケルの歌ってハリウッド映画的な大味なダイナミズムによく似合うと思う。バラード”Keep Your Head Up”や”(I Like) The Way You Love Me”は沁みたなあ。50セントとの”Monster”やレニー・クラヴィッツとの”(I Can’t Make It) Another Day”も目をひくところだし、スリラーのアウトテイクと言われ、今回はYMOの音源をもサンプリングしている”Behind The Mask”も日本人には嬉しいところかもね。エリック・クラプトンがかつて1986年の『August』でそのトラックを流用したことを思い出す。ジャパンに勢いがあった時代とマイケルの全盛期が重なるんだな。日本と亜米利加の蜜月というか。


そして、一番良かったのはマイケル単独作のバラードである”Much Too Soon”や”Best Of Joy”。マイケルの優しさがなんとも言えない切ない余韻として残った。素敵なクリスマス・プレゼントでした。