いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

[NEW!!]2023年12月22日(金)に大岡山のライブハウス、GOODSTOCK TOKYO グッドストック トーキョーで行われる、夜のアナログレコード鑑賞会 野口淳コレクションに、元CBSソニーでポール・サイモンの『ひとりごと』を担当されたディレクター磯田秀人さんとともにゲスト出演します。
ココをクリック
「アナログ鑑賞会〜サイモンとガーファンクル特集〜」 日時:12月22日(金) 19時開演、21時終了予定 入場料:予約2,000円 当日2000円(ドリンク代別) ゲスト:石浦昌之 磯田秀人 場所:大岡山 グッドストック東京 (東急目黒線大岡山駅から徒歩6分) 内容:①トム&ジェリー時代のレコード    ②S&G前のポールとアートのソロ·レコード    ③サイモンとガーファンクル時代のレコード(USプロモ盤を中心に)    ④S&G解散後、70年代のソロ·レコード ※それ以外にもレアな音源を用意しております。
[NEW!!]2023年11月25日(土)に『ディスカヴァー・はっぴいえんど』の発売を記念して、芽瑠璃堂music connection at KAWAGOE vol.5 『日本語ロックが生まれた場所、シティポップ前夜の記憶』を語る。 と題したイベントをやります。
f:id:markrock:20231119123246j:image
2023年9月19日、9月26日にTHE ALFEE坂崎幸之助さんの『「坂崎さんの番組」という番組』「坂崎音楽堂」で、『ルーツ・オブ・サイモン&ガーファンクル』を2週にわたって特集して頂きました。
1週目 ココをクリック
2週目 ココをクリック
f:id:markrock:20230904182855j:image
坂崎さんから
「聞きなれたS&Gがカバーしていた曲の本家、オリジナルの音源特集でしたが、なかなか興味深い回でしたね。やはりビートルズ同様に彼らもカバー曲が多かったと思うと、人の曲を演奏したり歌ったりすることも大事なのだと再確認です。」
[NEW!!]2023年10月27日発売、『ディスカヴァー・はっぴいえんど: 日本語ロックが生まれた場所、シティポップ前夜の記憶』の監修・解説、ノエル・ハリスン『ノエル・ハリスン + コラージュ』の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230926181532j:image
購入はココをクリック
f:id:markrock:20231022131852j:image
2023年9月29日発売、『風に吹かれて:ルーツ・オブ・ジャパニーズ・フォーク』の監修・解説、ビッグ・ブラザー・アンド・ザ・ホールディング・カンパニー『ビッグ・ブラザー・アンド・ザ・ホールディング・カンパニー』の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20231022130416j:image

f:id:markrock:20231022130609j:image
購入はココをクリック
f:id:markrock:20231022130403j:image
2023年7月28日発売、リッチー・ヘヴンス『ミックスド・バッグ』(オールデイズレコード)の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230918110205j:image
2023年8月26日(土)に『ルーツ・オブ・サイモン&ガーファンクル』の発売を記念して、西荻窪の素敵なお店「MJG」でイベントをやります。
f:id:markrock:20230813101635j:image
2023年6月30日発売、ルーツ・オブ・サイモン&ガーファンクルの監修・解説、ジャッキー・デシャノン『ブレイキン・イット・アップ・ザ・ビートルズ・ツアー!』(オールデイズレコード)の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230918104848j:image
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230918105526j:image
2023年3月31日発売、スコッティ・ムーア『ザ・ギター・ザット・チェンジド・ザ・ワールド』、オールデイズ音庫『あの音にこの職人1:スコッティ・ムーア編』、ザ・キャッツ『キャッツ・アズ・キャッツ・キャン』の3枚の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230408155636j:image
f:id:markrock:20230403220702j:image
f:id:markrock:20230403220638j:image
2023年2月24日発売、ビッグ・ボッパー『シャンティリー・レース』、フィル・フィリップス『シー・オブ・ラブ:ベスト・オブ・アーリー・イヤーズ』、チャド・アンド・ジェレミー『遠くの海岸 + キャベツと王様』の3枚の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230129183945j:image
2022年12月23日発売、バディ・ホリー・アンド・ザ・クリケッツ 『ザ・バディ・ホリー・ストーリー』(オールデイズレコード)の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230403220543j:image

 Andy Goldmark

markrock2011-04-03

/ Demonstrations ( Cool Sound / 2011 )


アンディ・ゴールドマークと言えば、ゲイリー・アッシャーのプロデュースで1973年にリリースされたセピア色のSSW名盤『Andy Goldmark』がカルト的な人気を保っている。個人的には名盤探検隊シリーズで初めて購入。LPもよく中古屋で見かける。デモンストレーション盤のステッカーが貼られたものを多く見かけるけれど、それほど余り売れなかったのだろう。


さて、こちらもデモンストレーションズなるタイトルが付けられているけれど、こちらは彼の楽曲のデモを収めた驚きの新作だ。90年代以降、AOR再発CDの先鞭を付けてきたクール・サウンズからのリリースだ。


コレクター諸氏ならば、ごく少数プレスされて、音楽業界に出回っているデモ盤をご存じだろう。とりわけ作曲家本人が歌うデモに人気がある。しかしそんなコレクター垂涎の品も、ポール・ウィリアムス&ロジャー・ニコルズやアラン・オデイのものがCD化されてしまったんだから驚きだ。楽曲の売り込み用のデモながら、完成度の高いモノもあり、ファンには堪らない魅力がある。楽曲の素の魅力がそれなりの金を生むとレコード会社が悟った感もある。


さて、そんな時代だから、アンディ・ゴールドマークのデモが出たとしても驚かない。ただし、アンディ自身も折角出すのだからと、手を加えているモノもあり、それは正直惜しいと言わざるを得ない。作品としてのトータリティより楽曲そのものの初々しい様を聴きたいってのが正直な所だから。


だから、マイケル・ボルトンと共作した”Soul Provider”(マイケルのヒット・アルバムのタイトルにもなった)をレゲエ・アレンジで改作しているのは頂けない。個人的にはソングライターとしてのアンディに初めて注目した作品だったから。(後に前出のSSW名盤をリリースした人物と同一だと知ったときは驚いた!)


まあ、それでも80年代から90年代にかけてのアダルト・コンテンポラリーのメインストリームをいく、クワイエット・ストームなAORサウンドは十分に魅力的。ケニーGの大ヒットアルバムでピーボ・ブライソンが歌った”By The Time This Night Is Over”とか、初めて聴いたバラード”Tender Is The Night”がすこぶる良かった。他にもジャーメイン・ジャクソンの”Dynamite”とかね。無名のセッション・シンガーが歌うデモも多い中、自演を貫いているのも魅力的。ちなみに、購入時に"Crush"が特典CDとして付いてきた。


これが気に入った向きにはかつてCD化された、ワンダーギャップも是非聴いてみて欲しい。クリッターズのジム・ライアンと紅一点のホリー・シャーウッドとのトリオで、都会的な洗練された音が忘れられない。


ライナーの中田氏、名盤探検隊のアンディ盤の解説も書いていたけれど、ちゃんとシンガーソングライター時代の作品も評価してくれていることが嬉しい。AOR系のライターとなると、マトモにロックやシンガー・ソングライターものは聴いてはおらず、ましてやカントリーは知りませんなんて人が多いもの。アメリカの音楽を理解するのにジャンルの壁を作ってはいけないというのが持論だ。