いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20190909172121p:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20191115033300j:image
[NEW!!]編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。 ●定価:本体3000円+税●A5判(上製)416頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。 『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!! ●石浦昌之著 ●定価:本体2500円+税 ●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック

Bob Gibson

markrock2013-01-28

/ Yes I See ( Elektra / 1961 )


今日見つけたボブ・ギブソン『Yes I See』を。この人の名前を知ったのは、愛聴していたサイモン&ガーファンクルのファーストに収録されていた”You Can Tell The World”のオリジナルというハナシを聴いたとき。ボブ・ギブソン&ハミルトン・キャンプというコンビは確かに、サイモン&ガーファンクルを唸らせたであろう、好フォーク・デュオなのであった。


1970年にはキャピトルから、ロジャー・マッギン、クリス・ヒルマン、デヴィッド・クロスビーなどバーズ勢にママパパのデニー・ドーハティ、サイラス・ファーラー、バーニ・リードン、スパンキー・マクファーランド、リック・ロバーツなんかが参加した『Bob Gibsonをリリースしていて、ロック世代のミュージシャンから尊敬を集めていたことが良くわかる。ちなみにその盤、ボブが初めて経験したマルチ・トラック・レコーディングだったらしい(その辺もフォーク・ミュージシャンの彼らしい)。


モダンジャズみたいな雰囲気のジャケットのデビュー盤『Offbeat Folk Songs』は1956年にリヴァーサイドからリリースされている。1931年生まれということだから、25歳でデビューしたということだ。1956年と言えば、エルヴィス・プレスリーのデビューLPがリリースされた年。ロックンロールが生まれた時代から、フォークは既に完成された音楽だった。


さて本題の『Yes I See』、本当に良くできている。ボブ自身もフェイヴァリットに挙げているらしいけれど。何と言っても”You Can Tell The World”が入っているのが嬉しい。気張って歌うボブの感じをポール・サイモンは真似ていたんだろうな、って微笑ましく思えてしまう。ハミルトン・キャンプとのデュオで歌っていたヴァージョン、つまりポール・サイモンやロジャー・マッギンが聴いていたはずのヴァージョンは、探しているけれどなぜか全盛期の音源では残っていないみたいだ。1986年に出たGibson & Camp...Revisited』というライブ・アルバムでは再演しているのでその音源から推し量ることはできる。

とはいえやっぱり全盛期の雰囲気は1961年の名ライブ盤Gibson & Camp at the Gate of Horn』で味わうべきだろう。サイモン&ガーファンクルのファーストの雰囲気はここから来ているのだ、と知ることができる。