いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。 『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!! ●石浦昌之著 ●定価:本体2500円+税 ●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック

 America

markrock2012-07-21

/ Back Pages ( eone / 2011 )


8月16日のビーチ・ボーイズの来日公演のゲストはアメリカ!70年代のアクースティック・ポップ・バンドの雄。ロンドンで結成されたアメリカ人によるグループなだけにバンド名には郷愁もあるのかな。”名前のない馬”とか”金色の髪の少女”とか、名曲多数。日本のフォーク・ミュージシャンにも少なからず影響を与えていたと思う。”ヴェンチュラ・ハイウェイ”みたいにインパクトのあるアコギのイントロがジャネット・ジャクソンのヒット・アルバムにサンプリングされたり、フリー・ソウル好みの弾むようなドゥウェイ・バネルの楽曲にも魅力がある。ボーカルは流石にドゥウェイがニール・ヤング似でありすぎて、”名前のない馬”をニールの曲だと思いこんでいるアメリカ人もいるみたい。


メンバーのダン・ピーク(2011年に死去)が抜けて以来ドゥウェイ・バネルとジェリー・ベックリーとのデュオ編成。ビーチ・ボーイズとの繋がりで言えば、ジェリー・ベックリーがビーチ・ボーイズの故カール・ウィルスン、シカゴのロバート・ラムと“ベックリー・ラム&ウィルスン”なるトリオを組んでいたことがあった。ジェリーは非常にビートルズ・ライクなポップ・センスを持った人。


さて、本作はアメリカの最新カバー集。想像以上にフレッシュな出来!ビーチ・ボーイズの”Caroline No”も現ビーチ・ボーイズ・バンドのメンバー、ジェフリー・フォスケットを交えて取り上げている。来日公演でも演るかも!アメリカはオールディーズ・サーキットでかなりまだ人気があるようで、定期的にライブ盤やベスト盤をリリースしている。今作はかつて組んだことがあるフレッド・モーリンによるもの(ミックスはナッシュビルのカイル・ラーニング!)。フレッドはジミー・ウェッブの新作もプロデュースしていたし、ジミー・ウェッブ作の楽曲が使われたアニメの名サントラ“Last Unicorn”(のちの宮崎アニメのスタッフが参加)にアメリカによる歌唱が収められたこともあった。今作にはジミーの”Crying In My Sleep”の感動的なカバーも収録されている。ジミー自身のレコーディングにジェリーが参加していたり、相性は良すぎるくらい。


冒頭からサイモン&ガーファンクルの”America”なんだから気が利いている。改めて良い曲だし、結構コード進行がひねくれているのは一緒になって弾いてみると気付く。ファウンテインズ・オブ・ウェインの”A Road Song”には”金色の髪の少女”の一節が織り込まれていて。”Someday We’ll Know”も”A Road Song”みたいな新世代の楽曲だけれど、自分のものにしていて、なんとも初々しい。ジェイムス・テイラーが歌っていたマーク・ノップラーの”Sailing To Philadelphia”ではマーク自身の印象的なエレキが入って好カバー。ジェイムス・テイラーと言えばデビュー盤より”Something In The Way She Moves”をカバー。最近アニタ・カー・シンガーズのヴァージョンもよく聴いていたところだった。ゾンビーズの”Time Of The Season”はハマっているし、ニール・ヤングの”On The Way Home”を演る辺り、この歳になって自虐&ネタばらしかな。絶対初期のドゥウェイ作のアメリカ作品はメジャーセヴンスを使ったこの曲辺りをモデルにしているはずなんだから。ニールはこういうタイプの曲をもう作らなくなったけれど。


タイトル曲はボブ・ディランの”My Back Pages”。なんとアコーディオンを弾いているのはヴァン・ダイク・パークス!これならビーチ・ボーイズ来日のゲストにアメリカを持ってきてのも頷けるでしょう。