いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

[NEW!!]2023年12月22日(金)に大岡山のライブハウス、GOODSTOCK TOKYO グッドストック トーキョーで行われる、夜のアナログレコード鑑賞会 野口淳コレクションに、元CBSソニーでポール・サイモンの『ひとりごと』を担当されたディレクター磯田秀人さんとともにゲスト出演します。
ココをクリック
「アナログ鑑賞会〜サイモンとガーファンクル特集〜」 日時:12月22日(金) 19時開演、21時終了予定 入場料:予約2,000円 当日2000円(ドリンク代別) ゲスト:石浦昌之 磯田秀人 場所:大岡山 グッドストック東京 (東急目黒線大岡山駅から徒歩6分) 内容:①トム&ジェリー時代のレコード    ②S&G前のポールとアートのソロ·レコード    ③サイモンとガーファンクル時代のレコード(USプロモ盤を中心に)    ④S&G解散後、70年代のソロ·レコード ※それ以外にもレアな音源を用意しております。
[NEW!!]2023年11月25日(土)に『ディスカヴァー・はっぴいえんど』の発売を記念して、芽瑠璃堂music connection at KAWAGOE vol.5 『日本語ロックが生まれた場所、シティポップ前夜の記憶』を語る。 と題したイベントをやります。
f:id:markrock:20231119123246j:image
2023年9月19日、9月26日にTHE ALFEE坂崎幸之助さんの『「坂崎さんの番組」という番組』「坂崎音楽堂」で、『ルーツ・オブ・サイモン&ガーファンクル』を2週にわたって特集して頂きました。
1週目 ココをクリック
2週目 ココをクリック
f:id:markrock:20230904182855j:image
坂崎さんから
「聞きなれたS&Gがカバーしていた曲の本家、オリジナルの音源特集でしたが、なかなか興味深い回でしたね。やはりビートルズ同様に彼らもカバー曲が多かったと思うと、人の曲を演奏したり歌ったりすることも大事なのだと再確認です。」
[NEW!!]2023年10月27日発売、『ディスカヴァー・はっぴいえんど: 日本語ロックが生まれた場所、シティポップ前夜の記憶』の監修・解説、ノエル・ハリスン『ノエル・ハリスン + コラージュ』の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230926181532j:image
購入はココをクリック
f:id:markrock:20231022131852j:image
2023年9月29日発売、『風に吹かれて:ルーツ・オブ・ジャパニーズ・フォーク』の監修・解説、ビッグ・ブラザー・アンド・ザ・ホールディング・カンパニー『ビッグ・ブラザー・アンド・ザ・ホールディング・カンパニー』の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20231022130416j:image

f:id:markrock:20231022130609j:image
購入はココをクリック
f:id:markrock:20231022130403j:image
2023年7月28日発売、リッチー・ヘヴンス『ミックスド・バッグ』(オールデイズレコード)の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230918110205j:image
2023年8月26日(土)に『ルーツ・オブ・サイモン&ガーファンクル』の発売を記念して、西荻窪の素敵なお店「MJG」でイベントをやります。
f:id:markrock:20230813101635j:image
2023年6月30日発売、ルーツ・オブ・サイモン&ガーファンクルの監修・解説、ジャッキー・デシャノン『ブレイキン・イット・アップ・ザ・ビートルズ・ツアー!』(オールデイズレコード)の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230918104848j:image
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230918105526j:image
2023年3月31日発売、スコッティ・ムーア『ザ・ギター・ザット・チェンジド・ザ・ワールド』、オールデイズ音庫『あの音にこの職人1:スコッティ・ムーア編』、ザ・キャッツ『キャッツ・アズ・キャッツ・キャン』の3枚の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230408155636j:image
f:id:markrock:20230403220702j:image
f:id:markrock:20230403220638j:image
2023年2月24日発売、ビッグ・ボッパー『シャンティリー・レース』、フィル・フィリップス『シー・オブ・ラブ:ベスト・オブ・アーリー・イヤーズ』、チャド・アンド・ジェレミー『遠くの海岸 + キャベツと王様』の3枚の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230129183945j:image
2022年12月23日発売、バディ・ホリー・アンド・ザ・クリケッツ 『ザ・バディ・ホリー・ストーリー』(オールデイズレコード)の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230403220543j:image

 America

markrock2012-07-21

/ Back Pages ( eone / 2011 )


8月16日のビーチ・ボーイズの来日公演のゲストはアメリカ!70年代のアクースティック・ポップ・バンドの雄。ロンドンで結成されたアメリカ人によるグループなだけにバンド名には郷愁もあるのかな。”名前のない馬”とか”金色の髪の少女”とか、名曲多数。日本のフォーク・ミュージシャンにも少なからず影響を与えていたと思う。”ヴェンチュラ・ハイウェイ”みたいにインパクトのあるアコギのイントロがジャネット・ジャクソンのヒット・アルバムにサンプリングされたり、フリー・ソウル好みの弾むようなドゥウェイ・バネルの楽曲にも魅力がある。ボーカルは流石にドゥウェイがニール・ヤング似でありすぎて、”名前のない馬”をニールの曲だと思いこんでいるアメリカ人もいるみたい。


メンバーのダン・ピーク(2011年に死去)が抜けて以来ドゥウェイ・バネルとジェリー・ベックリーとのデュオ編成。ビーチ・ボーイズとの繋がりで言えば、ジェリー・ベックリーがビーチ・ボーイズの故カール・ウィルスン、シカゴのロバート・ラムと“ベックリー・ラム&ウィルスン”なるトリオを組んでいたことがあった。ジェリーは非常にビートルズ・ライクなポップ・センスを持った人。


さて、本作はアメリカの最新カバー集。想像以上にフレッシュな出来!ビーチ・ボーイズの”Caroline No”も現ビーチ・ボーイズ・バンドのメンバー、ジェフリー・フォスケットを交えて取り上げている。来日公演でも演るかも!アメリカはオールディーズ・サーキットでかなりまだ人気があるようで、定期的にライブ盤やベスト盤をリリースしている。今作はかつて組んだことがあるフレッド・モーリンによるもの(ミックスはナッシュビルのカイル・ラーニング!)。フレッドはジミー・ウェッブの新作もプロデュースしていたし、ジミー・ウェッブ作の楽曲が使われたアニメの名サントラ“Last Unicorn”(のちの宮崎アニメのスタッフが参加)にアメリカによる歌唱が収められたこともあった。今作にはジミーの”Crying In My Sleep”の感動的なカバーも収録されている。ジミー自身のレコーディングにジェリーが参加していたり、相性は良すぎるくらい。


冒頭からサイモン&ガーファンクルの”America”なんだから気が利いている。改めて良い曲だし、結構コード進行がひねくれているのは一緒になって弾いてみると気付く。ファウンテインズ・オブ・ウェインの”A Road Song”には”金色の髪の少女”の一節が織り込まれていて。”Someday We’ll Know”も”A Road Song”みたいな新世代の楽曲だけれど、自分のものにしていて、なんとも初々しい。ジェイムス・テイラーが歌っていたマーク・ノップラーの”Sailing To Philadelphia”ではマーク自身の印象的なエレキが入って好カバー。ジェイムス・テイラーと言えばデビュー盤より”Something In The Way She Moves”をカバー。最近アニタ・カー・シンガーズのヴァージョンもよく聴いていたところだった。ゾンビーズの”Time Of The Season”はハマっているし、ニール・ヤングの”On The Way Home”を演る辺り、この歳になって自虐&ネタばらしかな。絶対初期のドゥウェイ作のアメリカ作品はメジャーセヴンスを使ったこの曲辺りをモデルにしているはずなんだから。ニールはこういうタイプの曲をもう作らなくなったけれど。


タイトル曲はボブ・ディランの”My Back Pages”。なんとアコーディオンを弾いているのはヴァン・ダイク・パークス!これならビーチ・ボーイズ来日のゲストにアメリカを持ってきてのも頷けるでしょう。