いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]評論家・映画監督の切通理作さんが店主を務める阿佐ヶ谷・ネオ書房の読書会を開催します。
哲学を学び直したい人のために ネオ書房【倫理教師・石浦昌之ライブ読書会】 12月20日(日) 18時半開場 19時開演 高校倫理1年間の授業をまとめた新刊『哲学するタネ 西洋思想編①』(明月堂書店)から、西洋哲学の祖、ソクラテスを取り上げます。 内容 ◆ フィロソフィア(愛知)とは? ◆「無知の知―汝自身を知れ」 ◆問答法はディアロゴス(対話)の実践 ◆「徳」とは何か? ◆プシュケー(魂)への配慮 ◆善く生きることとは? 入場料1200円 予約1000円  予約kirira@nifty.com
[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

 America

markrock2012-07-21

/ Back Pages ( eone / 2011 )


8月16日のビーチ・ボーイズの来日公演のゲストはアメリカ!70年代のアクースティック・ポップ・バンドの雄。ロンドンで結成されたアメリカ人によるグループなだけにバンド名には郷愁もあるのかな。”名前のない馬”とか”金色の髪の少女”とか、名曲多数。日本のフォーク・ミュージシャンにも少なからず影響を与えていたと思う。”ヴェンチュラ・ハイウェイ”みたいにインパクトのあるアコギのイントロがジャネット・ジャクソンのヒット・アルバムにサンプリングされたり、フリー・ソウル好みの弾むようなドゥウェイ・バネルの楽曲にも魅力がある。ボーカルは流石にドゥウェイがニール・ヤング似でありすぎて、”名前のない馬”をニールの曲だと思いこんでいるアメリカ人もいるみたい。


メンバーのダン・ピーク(2011年に死去)が抜けて以来ドゥウェイ・バネルとジェリー・ベックリーとのデュオ編成。ビーチ・ボーイズとの繋がりで言えば、ジェリー・ベックリーがビーチ・ボーイズの故カール・ウィルスン、シカゴのロバート・ラムと“ベックリー・ラム&ウィルスン”なるトリオを組んでいたことがあった。ジェリーは非常にビートルズ・ライクなポップ・センスを持った人。


さて、本作はアメリカの最新カバー集。想像以上にフレッシュな出来!ビーチ・ボーイズの”Caroline No”も現ビーチ・ボーイズ・バンドのメンバー、ジェフリー・フォスケットを交えて取り上げている。来日公演でも演るかも!アメリカはオールディーズ・サーキットでかなりまだ人気があるようで、定期的にライブ盤やベスト盤をリリースしている。今作はかつて組んだことがあるフレッド・モーリンによるもの(ミックスはナッシュビルのカイル・ラーニング!)。フレッドはジミー・ウェッブの新作もプロデュースしていたし、ジミー・ウェッブ作の楽曲が使われたアニメの名サントラ“Last Unicorn”(のちの宮崎アニメのスタッフが参加)にアメリカによる歌唱が収められたこともあった。今作にはジミーの”Crying In My Sleep”の感動的なカバーも収録されている。ジミー自身のレコーディングにジェリーが参加していたり、相性は良すぎるくらい。


冒頭からサイモン&ガーファンクルの”America”なんだから気が利いている。改めて良い曲だし、結構コード進行がひねくれているのは一緒になって弾いてみると気付く。ファウンテインズ・オブ・ウェインの”A Road Song”には”金色の髪の少女”の一節が織り込まれていて。”Someday We’ll Know”も”A Road Song”みたいな新世代の楽曲だけれど、自分のものにしていて、なんとも初々しい。ジェイムス・テイラーが歌っていたマーク・ノップラーの”Sailing To Philadelphia”ではマーク自身の印象的なエレキが入って好カバー。ジェイムス・テイラーと言えばデビュー盤より”Something In The Way She Moves”をカバー。最近アニタ・カー・シンガーズのヴァージョンもよく聴いていたところだった。ゾンビーズの”Time Of The Season”はハマっているし、ニール・ヤングの”On The Way Home”を演る辺り、この歳になって自虐&ネタばらしかな。絶対初期のドゥウェイ作のアメリカ作品はメジャーセヴンスを使ったこの曲辺りをモデルにしているはずなんだから。ニールはこういうタイプの曲をもう作らなくなったけれど。


タイトル曲はボブ・ディランの”My Back Pages”。なんとアコーディオンを弾いているのはヴァン・ダイク・パークス!これならビーチ・ボーイズ来日のゲストにアメリカを持ってきてのも頷けるでしょう。