いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。 『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!! ●石浦昌之著 ●定価:本体2500円+税 ●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック

Mike Love

markrock2012-08-25

/ Looking Back With Love ( Boardwalk / 1981 )


最近色んな音楽を消化するのが遅くなっているみたいで。8月16日、千葉はQVCマリンフィールドでの、涙涙のビーチ・ボーイズ来日公演を思い出しながら、屈託のないマイク・ラブのソロ・アルバムを聴いている。


8月16日はちょうど6月から制作中だった私いしうらまさゆき2枚目のアルバム『愛すべき音楽よ』のレコーディング、ミックス、マスタリングが終わった日で。今作のプロデューサーの馬下氏と二人で行って来たのだけれど、二人の長年の共通項がブライアン、そしてビーチ・ボーイズだったわけで、何やらナントモ感慨深かったのだ。


会場は熱かった割に球場だからか、お茶以外のドリンクは入り口で取り上げられて。ビールも外でどうぞ、と言う。コレに関してはそりゃないよな、という感じで。で、前座が星野源アメリカ。星野源には間に合わなかったのだが、ちょっと分が悪いよな、という感じだったと思う。前座のセッティングをした人は誰なんだろう。いいミュージシャンなだけに可哀想にも思えてしまう。アメリカのステージは流石の一言!初めて生で見たけれど、"名前のない馬"をはじめヒット曲のオン・パレードで。ジェリー・ベックリーのボーカルのコンディションが悪くて、”You Can Do Magic”なんかはカナリ辛そうだったけれど、万年青年といった青臭いボーカルは素晴らしかったし、”Sister Golden Hair”のイントロは改めて杉田二郎”男どうし”に丸パクリで転用されたのだな、と思ってしまったり(どちらも良い曲だけどね…)。ドゥウェイ・バネルの安定感は流石。相当意識したであろうニール・ヤングとスティーヴン・スティルスの個性を併せ持つ感じ。”Tin Man”なんかで見せるハードな側面も魅力的で、また観たいなと思う。途中ゲストでブライアンズ・ビーチ・ボーイズでカール役の名人ジェフリー・フォスケットの代役を務めることもあるクリストファー・クロスが登場。美声を披露する。ビーチ・ボーイズのステージでも素晴らしいボーカルを聴かせてくれた。AORのリスナーとビーチ・ボーイズのリスナーがあまり交わらないのは悲しいけれど、この人の単独公演もいつか観てみたい。

そして本家ビーチ・ボーイズですよ。彼らのコーラスを初めて聴いてやっと最後のピースがハマったというか…。感動し通しだったブライアン・バンド公演でも何か歯がゆかったあの感じ…昨年マイク・ラブ&ブルース・ジョンストンのビルボード東京公演で常時感じた安っぽいニセ者感(失礼!)…アル・ジャーディンのビーチ・ボーイズのライブ盤(結構完成度高し)での10%しかないホンモノ感(さらに失礼!)、これが吹き飛んだのですよ。


とりわけマイク・ラヴの調子がかなり良くて、YouTubeなんかで観た近年のライブの中でも低音高音ともに出色のボーカルだったんじゃないかな。一方ブルース・ジョンストンは”Disney Girls”すら披露せず裏方に徹していたが奥ゆかしくて。ただブルース、ビルボード公演で聴く限りではかなりボーカルに衰えがあったことは確かだし、致し方ないかも。そしてブライアンは肌が土気色で、幾つかの曲では微動だにしなかったり、未だかつて無く元気がなかったのが気になった。アルやデビッドは元気そのもの。アルのボーカルは実にビーチ・ボーイズらしさ、のなにがしかだったことにも改めて気付く。ちなみに2010年リリースのアルのソロ『A Postcard From California』http://d.hatena.ne.jp/markrock/20100901)は必聴です。


そんな70歳前後のオリジナル・メンバーですが、インタビューを聴く限りではブライアン、アル、マイク、ブルース、デヴィッドという今回のオリジナル・メンバーによる『That’s Why God Made The Radio』http://d.hatena.ne.jp/markrock/20120619)に次ぐ続編も期待して良さそう!


ところで今聴いているマイク・ラヴのソロ『Looking Back With Love』は名作!名前のラヴと愛を掛けたタイトルも単純明快。カート・ベッチャーのプロデュースで、同じ1981年に出た大滝ロンバケなんかにも通ずるものがあるかな。オールディーズ・リヴァイヴァルの流れ。底抜けに明るい、カリフォルニアの青い空なビーチ・ボーイズはこの人がいなければ成立しない。今回の来日公演であの会場の皆が感じたことだと思う。ちなみにこのマイクのソロ作、なぜかCD化されていない。とはいえLPは中古盤なら容易に入手できるけれど。最近アメリカからカセットも取り寄せてみた。

2012.08.16 The Beach Boys 千葉QVCマリンフィールド セットリスト

01. Do It Again
02. Little Honda
03. Catch a Wave
04. Hawaii
05. Don't Back Down
06. Surfin' Safari
07. Surfer Girl
08. Don't Worry Baby
09. Little Deuce Coupe
10. 409
11. Shut Down
12. I Get Around
13. That's Why God Made the Radio
14. Sail on, Sailor
15. Heroes and Villains
16. Isn't It Time
17. Why Do Fools Fall in Love
18. When I Grow Up (to Be a Man)
19. Cotton Fields
20. Forever
21. God Only Knows
22. All This Is That
23. Sloop John B
24. Wouldn't It Be Nice
25. Then I Kissed Her
26. Good Vibrations
27. California Girls
28. Help Me, Rhonda
29. Rock and Roll Music
30. Surfin' USA

      • encore---

31. Kokomo (with Christopher Cross)
32. Barbara Ann (with America)
33. Fun, Fun, Fun (with America)