いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

 Al Jardine

markrock2010-09-01

/ A Postcard From California ( 自主 / 2010 )


ずっと告知されつつも出なかった、元ビーチ・ボーイズのアル・ジャーディンのソロ・アルバム。本家ビーチ・ボーイズ(以下BB)と分裂したが故の別のツアーバンドとのライブ盤はあったけれど、スタジオ盤は初。i-tunesでは先にダウンロードできたけれど、コレは一応ブックレットとケースが付いている。ダウンロードの方が安いけれど、クレジットが欲しくてこっちを入手した。CD-Rですがね。


さて、なかなか悪くない、っていうか、良い!この声とコーラスだけでBBになるのが不思議。ビートルズと同じ音楽の魔法だ。ただ、これほどのゲスト参加でも、今の亜米利加のメジャー音楽業界はリリースにOKを出さないんだな。全く以て厳しい経済情勢です。我慢できずにアラン自身で出しちゃったんだろうね。


A Postcard From、っていうと、同じカリフォルニアンのネッド・ドヒニーの”Postcards From Hollywood”や、ジミー・ウェッブの名曲”Postcard from Paris”を思い出すところ。タイトル曲”A Postcard From California”はアルの曲。Aメロがグレン・キャンベルの大ヒット曲”Rhinestone Cowboy”に似すぎているな、なんて思っていたら2番ではグレン・キャンベルが歌い始めたからビックリ!!あえて、やっちゃったんでしょうな。オリジナルの作者、デニス・ランバートには許可取ってるのかな、なんて。ところで、グレン・キャンベルが全盛期のBBのツアーでブライアンの代役を演じたのは有名な話。


BB版もある”California Feelin’”、”Honkin’ Down The Highway”というブライアン・ソングも収録。後者にはブライアンが参加。”Drivin’”にもジェリー・ベックリー&デュウェイ・バネルというアメリカ組―アメリカの大ヒット曲”Horse With No Name”って歌詞を2人が歌う箇所もアリ―と共にブライアンが歌う(ギターではデヴィッド・マークスの名も)。あとは”Don’t Fight The Sea”。コレは故カール・ウィルソンの残した貴重なボーカル・トラック。アル、ブライアン、マイク、ブルース・ジョンストンが揃い踏みしているが、BBの未発表テイクを入れたに過ぎない。これが入っているからBB再結成だとか言うのは早計だと思いますが、ブライアン、アル間に再び交流が生まれているのはただただ嬉しい。


あとは、デヴィッド・クロスビー、ニール・ヤング、スティーヴン・スティルスとアルが歌うあの”A California Saga”とか、デヴィッド・クロスビー&ニール・ヤングにリードを取らせた”California Scene”とか、もうビッグ・ゲストが目白押し!カリフォルニアのコーラスモノの系譜も見えてくる。息子マット・ジャーディンも要所要所で厚いコーラスを好サポート。


そして忘れてはならないBB時代の名唱”Help Me Rhonda”もスティーヴ・ミラー、ノートンバッファローを交えたブルーズ・ヴァージョンで蘇る。このテイク、思いの外、声が出てますよ!68歳にして、見た目より声が若いという。先日ライブを観たブレッド&バター岩沢幸矢さんも67歳って知って目が点になる位ハイトーンで声が若かった。


いやはや、ブライアン・ミーツ・ガーシュインな新作(ワンダーミンツとジャケを似せている)やモンキーズのミッキー・ドレンツの新作キャロル・キング曲集(ジェフリー・フォスケット・プロデュース)と共にヘビロテ中!まだまだ夏は終わらない。