いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

The Beach Boys

markrock2012-06-19

/ That’s Why God Made The Radio ( Capitol / 2012 )


更新が滞りまして…ここの所わたくし2枚目の新作アルバムに向けて制作を開始している所。レコーディングに次ぐレコーディングという日々。昨年のファースト・アルバム『蒼い蜜柑』でミックスをお願いした真下義伸氏と今回はがっぷり四つに組んでの制作。夏くらいには完成させたい所。今のところ7曲くらい録った所。前作はフォークに特化した6曲入ミニアルバムの体裁だったのだが、今回はロックも視野に入れつつ10曲超えのフルアルバムにしたいもの。今まで聴いてきた音楽へのオマージュって言う初期衝動は変わらずですが。


クラシック・ロックのファンならニール・ヤングの新作も聴いてるでしょうけれど(すでに名作!)、このビーチ・ボーイズの感動的な新作もリピートしているはず。今回は意味ありげなタイトルに思える新録"Do It Again 2012"(冊子付の新しいベスト盤に入っていたもの)を入れてくれた日本盤をオススメしたい所。


いやはやブライアンとアル・ジャーディンのカムバックで、マイク・ラブブライアン・ウィルスン、アル・ジャーディン、ブルース・ジョンストン、そして短期間在籍したデヴィッド・マークスというメンバーが揃い踏みしたわけで。それだけでこの作品をかけがえのないモノにしてくれているけれど、中身も抜群に良いんだから言うことはない。比較的良い仕上がりだったブライアン参加のTHE BEACH BOYS(1985)だって復調前のブライアンだったわけだし。ジャケがビーチ・ボーイズらしい色づかいとは言え、ベスト盤かと思うくらいシンプルなのがちょっと惜しいけれど。まあ、ベテランの新作は老いた姿を全面に出さない場合が多いから仕方ないかも。


素晴らしいタイトル曲はラジオで伝播した青春の音楽への鎮魂歌。同じくポップ・マエストロのニック・ロウがギターを弾いている。全体的にはペット・サウンズ時代のビーチ・ボーイズを楽器やボーカルのアレンジで聴かせていたりする箇所もある。冒頭”Think About The Days”の悲愴感ただようアカペラとか、あざといほどでもあるけれど、涙してしまう自分がいて。『Imagination』で相性の良い所を見せたジョー・トーマスと組んだのは大正解。それにしても『Imagination』ってのも凄いアルバムだったなぁ。ほとんどを手がけるブライアンのソングライティングは2000年代に入って明るいものに変化していて(再現スマイルですら、私には明るい音楽に聴こえた)、充実したモノ。この明るさなら、そりゃマイクとブルースが演っている常夏ビーチ・ボーイズに合流できるでしょう。とは言え、マイク・ブルースのビーチ・ボーイズやアル・ジャーディンのビーチ・ボーイズもメンバーの一部が参加しているのみで、ブライアンバンドのメンバー、ジェフリー・フォスケットやダリアン・サハナジャらが参加したブライアン楽曲主体の作り。それでもマイクの子クリスチャンやエイドリアン・ベイカー、ジョン・カウシルなど、それぞれのバンド・メンバーも参加させている辺りが、良好なメンバーの関係を物語っていて嬉しい限り。ボーカルは、マイク、ブルースの来日公演でも感じたけれど、マイクの衰えは隠せないんだが、それでも彼が歌うパートではある種のビーチ・ボーイズらしさを演出できている。アルは衰えぬ声に驚かされること間違いなし。ブライアンがツアー後制作する可能性のある新作ではロックンロールものも入れたいと言っているようだけれど、それはサーフィンU.S.A.なビーチ・ボーイズも演りたいということかな、と。そうそう、今作ではロックなギター・フレーズが聴ける曲もあったけれど、元スティーリー・ダンドゥービー・ブラザーズのジェフ“スカンク”バクスターが参加しているトラックもあって。ジョン・ボン・ジョビとの共作曲ってのも特に違和感が無く。


8月の来日も決まっている。もちろん行きます!!オープニング・アクトは故・カール・ウィルスンとジェリー・ベックリーが同じグループを結成したこともあったアメリカ。アメリカは近年もライブ活動を積極的に演っていることもあり、かなり充実したステージになること間違いない。


あと、以前紹介した、ニール・ヤングも参加したアル・ジャーディンのソロ・アルバムもボーナス・トラック2曲付で出ていたので改めて入手した。某CDチェーンではアルのサイン入りになっていた。ダウンロードが主流になってCDの売り上げが激減しているからか、かなりの大物ミュージシャンでもサイン入りで流通させる例が増えて来ている今日この頃。