いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!] ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

 尾崎紀世彦

markrock2012-06-01

/ KIEYO ’72 KIYOHIKO OZAKI ALBUM NO.5 ( PHILIPS / 1972 )


また逢う日まで尾崎紀世彦が亡くなったとのニュース、かなりショックだった。もみあげと圧倒的な声量、紅白歌合戦アーカイブ映像を中学生の時にビデオに録画して、何度も見ていた。曲はモチロン「また逢う日まで」。なんで別れの歌を悲しみを飛び越えてこんなに高らかに歌い上げているんだろう、と不思議に思ったものだ。最近、ライブハウスに飛び入り参加して歌い、激ヤセしていた、などと体調不良が伝えられていたけれど、69歳、こんなに早く、という感じだ。


最近もちょこちょこ尾崎紀世彦のアルバムを集めていた。思うのは1960年代、70年代初めまでの日本のレコードは歌謡曲も含めてかなり世界標準の音があったということ。とくに洋楽志向の強い印象のあるフィリップスなんて、長谷川きよしをはじめ、化け物のような実力のあるミュージシャンが在籍していたし。この尾崎紀世彦もその一人。世界の音が参照枠だった時代を過ぎて、こんなミュージシャンはそうそう出てこないだろう。まあクォーターでもあったわけだけど。


このアルバム『KIEYO ’72 KIYOHIKO OZAKI ALBUM NO.5』、和製トム・ジョーンズよろしく、圧倒的な声量で洋楽を歌い尽くす。一般的には”ゴットファーザー〜愛のテーマ〜”の日本語版が収録されていることで知られているが、それ以外にも同時期のアンディ・ウィリアムスやジャック・ジョーンズ、ジョニー・マシスを思わせるロック〜シンガー・ソングライターを視野に入れた選曲が美味しい。A面は前田憲男編曲でゴージャスなブラスロック・サウンドを再現したシカゴの”クエスチョン67&68”や布施明と変わって英語で歌い込む”My Way”が聴きモノ。英語の発音も世界標準なのだ。B面は川口真編曲でキャロル・キング”君の友だち”や渋いところで、どファンキーな”スマック・ウォーター・ジャック”!!に、カーペンターズレオン・ラッセル/ボニー・ブラムレット)の”スーパースター”、スイー・ドッグ・ナイト(ポール・ウィリアムス)の”オールド・ファッションド・ラブ・ソング”、ジョン・レノンの”ラブ”、エルトン・ジョンの”イエス・イッツ・ミー”という完全なシンガー・ソングライター・モードな選曲で。アナログではたいてい安く手に入る割に死角な必聴盤!


尾崎といえば、黒沢進のGS本でザ・ワンダースなるコーラスグループ出身、と知って驚いた。いかりや長介も在籍していたカントリーの草分けジミー時田とマウンテン・プレイボーイズにも在籍していたなんて。”また逢う日まで”の原曲(別詩)のズー・ニー・ヴーひとりの悲しみ”も町田義人の名唱でなかなか良い曲だが、ヒットするかしないかの分かれ目を知ることが出来る。


1987年の井上大輔作のリゾート風味なスマッシュ・ヒット”サマー・ラブ”収録の『メモリーズ・オブ・サマー・ラブ』もシー・ブリーズなソニー盤として抑えておきたい。某ブック・オフなんかによくありますよ。