いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]評論家・映画監督の切通理作さんが店主を務める阿佐ヶ谷・ネオ書房の読書会を開催します。
哲学を学び直したい人のために ネオ書房【倫理教師・石浦昌之ライブ読書会】 12月20日(日) 18時半開場 19時開演 高校倫理1年間の授業をまとめた新刊『哲学するタネ 西洋思想編①』(明月堂書店)から、西洋哲学の祖、ソクラテスを取り上げます。 内容 ◆ フィロソフィア(愛知)とは? ◆「無知の知―汝自身を知れ」 ◆問答法はディアロゴス(対話)の実践 ◆「徳」とは何か? ◆プシュケー(魂)への配慮 ◆善く生きることとは? 入場料1200円 予約1000円  予約kirira@nifty.com
[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

Art Garfunkel

markrock2012-09-21

/ Singer ( Columbia / 2012 )
/ A PRESENT FOR THE MIKI GROUP”MIKI’S (SOLE) LIFE-LONG WISH〜MIKI NO YUME〜” ( Not For Sale / 1999 )

9月中には出す予定だった私いしうらまさゆきのアルバム『愛すべき音楽よ』だけれど、音以外の部分で結構時間がかかっている。作品とはこんなもので、パッケージでリリースする以上、トータルでじっくり仕上げなければならない。そんな作業も楽しい。近日やっぱりダウンロードだけじゃ悲しい、と考える音楽ファンも多いようで、ベテランの新譜には重厚なジャケットを配したアナログ・リリースも増えてきていたり。個人的にはアナログは予算的に厳しいけれど、パッケージ・リリースならではの詳細なライナーを今回は付けてみた。音とともに楽しんで頂けたら嬉しい。先日そのライナーが完成して印刷されてきた。

さらに、ダニエル・クオン君にデザインしてもらったジャケットやアートワークも大体決まった。毎度のことながら本当に素晴らしい!!今作のテーマ「音楽愛」とブライトでロックな音作りをポップに表現してもらえたと思う。前作もそうだったけれど、友人の助けがあって一つの作品となる。

なんとか10月リリースを目指したい。まだまだ困難があるかもしれないけれど、是非皆さんの耳に届くことを祈って!

                                                                                                                                              • -

こうしてベテランの新作にいつまで出会えるだろう、なんて後ろ向きなことを考えている昨今。素晴らしい新作『Tempest』が出たボブ・ディランにしても、ついつい思ってしまう。今日はサイモン&ガーファンクルの片割れ、アート・ガーファンクルの2枚組新作ベスト盤『the singer』。リリースが一度延期されたけれど、ちゃんと出た。既に出ているポール・サイモンの2枚組ベスト盤『songwriter』と対を成すもので単純かつ絶妙のネーミング。そのポールも新作ライブ盤(DVD付のデラックス・エディションもあり)が出たので、延期はリリースを合わせたことによるものかも。ちなみに日本盤3990円…私はイギリスのアマゾンから買ったけれど1300円…その差って??


アートが選曲しただけあって、S&G含めてアーティ好みの繊細な歌声が楽しめる作品ばかりで、一番好きな歌手がアーティ、といって憚らない私としては大変よくわかる作り。参加ミュージシャンに光を当てるわざわざ、なクレジット記載も好感が持てる。ただし、客観的に見ると大衆的な評価を得るにはプロデューサーの力が必要だっただろうこともよく分かったり。たたみかけるようにスロウなバラードが押し寄せる感じなんかが、S&Gの大方のリスナーには不満と映ったこともあったろう。でも、アーティはそんなソフトでうっとりするようなボーカル曲が好みなのだということも改めてよく分かるのだ。


個人的にはアーティ作品のソングライターを集めていくことでアメリカやイギリスのシンガー・ソングライター探索の旅が始まったわけで、いまだにアーティやそのスタッフの楽曲選びの感性の鋭さに驚かされる。ジミー・ウェッブ、ジェイムス・テイラーギャラガー&ライルのような有名どころから、スティーヴ・イートン、アダム・ミッチェルからニック・ホルムズまで。楽曲単位でいまだに追いかけ続けているジミー・ウェッブなんてそもそもアーティを通じて知ったわけだし…


さらに、マイア・シャープとバディ・マンドロックとのトリオ・セッションからの作品も多く、しかも”the singer”というタイトルにあってアーティがハモに回った曲も収録していたりと、よほど自作曲が収録できたトリオ作の出来に満足しているんだろう。マイアの父であるシンガー・ソングライター、ランディ・シャープの作”Lena”とマイア作の”Long Way Home”はそのセッションからの未発表新曲として収録されている。なかなか良い曲。


音もとても良い。日本で来月紙ジャケ・再リリースされるオリジナル・アルバムも、リマスターが済んでいなかった盤もあるし、音質的には期待が持てそう。ただ、ボーナス・トラックがイマイチかな。どうせなら、”Is This Love?”みたいな未CD化のシングルB面も入れればいいのに。


そうそう、最近たぶんどこでも語られたことのないアーティの非売品シングルを入手。実に謎めいたミキ・プルーン賛美ソング”MIKI’S (SOLE) LIFE-LONG WISH〜MIKI NO YUME〜”を収めたシングル。「A PRESENT FOR THE MIKI GROUP」とあるから、ミキ・グループ社内に配られたものではなかろうか。1999年8.20,22〜26に開催されたサンフランシスコ、フェアモント・ホテルでのミキ・グループ主催ディナー・パーティにアートがゲスト参加したらしく、そこで配布されたと考えられる。ちなみに歌はちゃんとしたスタジオ・レコーディングされた王道バラード(調べるとRobert “Void” Caprioのプロデュースとのこと)。歌詞は英語だけれど、日本人が作った英語だということが一発で分かる。よくぞアーティが歌ったな。言いたくはないけれどJust for moneyでしょう。サビが”オー、プルーン、プルーン、ミキ・プルーン♪”なんて、ね。