いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
[NEW!!]編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

Mike Love / Unleash The Love (BMG / 2017)

markrock2018-03-27


もう春!であって夏ではないけれど、ビーチ・ボーイズマイク・ラブのソロ・アルバムが昨年リリースされた。注文したのは昨年だったけれど、LPの入荷が遅れたのか、届いたのは先月くらいだったような。ゲイトフォールドのLP2枚組でダウンロードカードはなかった。ジャケットの片隅に「ビーチ・ボーイズの共同設立者であり作詩家」という注意書きがあって、流石に説明不要ではなくなったのかな、と。失礼ながら、もはや場合によっては介護が必要な77歳、立派な後期高齢者ですからね…

アマゾンのレビューがひどかったので買うのをやめている人もいるだろうから言っておくと、結構良い。ビーチ・ボーイズ気分満載、2012年の『That's Why God Made the Radio』http://d.hatena.ne.jp/markrock/20130629)に入っていてもおかしくないような曲もあり、フレッシュでかなり気持ち良い音(“Daybreak Over The Ocean”は実際『That's Why God Made the Radio』に入っている)。ただ、マイク&ブルースのビーチ・ボーイズのオールディーズ営業ライブにおける、ある種の足りない感を経験した人がそう言いたくなる気持ちは、痛いほどわかる(笑)でも、77歳ですし、新譜が1981年の『LOOKING BACK WITH LOVE』以来、36年ぶり!にリリースされたこと自体を喜びたい。それに、レコーディングではボーカルがそつなく統制されているせいか、ライブよりもむしろ良いかも。



「Now」and「Then」という仕様になっていて、「Now」の新曲群は基本過去に録り貯めたものの寄せ集めだけれど、トータル的な違和感は全く無い。ジョン・ステイモスをフィーチャーした”Getcha Back”の再演、エイドリアン・ベイカーの完璧な多重コーラスを加えた”Cool Head, Warm Heart”がやはり良かった。ソロアルバムのタイトルになるという話があった、シャレのような”Make Love Not War”もしっかり収録。コーラスには、ブライアン・ウィルソン・バンドから乗り換えたジェフリー・フォスケットに、息子クリスチャン・ラブ、ブルース・ジョンストン、そしてブロッサムズやウォーターズの名前が。インド行に影響を与えたジョージ・ハリスンに捧ぐ”Pisces Brothers”では「ハレ・クリシュナ」というリフレインも。



そして「Then」の再演パートはマイクのビーチ・ボーイズのライブを観に行っている感じ。これが自宅のオーディオで聴けるわけだから、まぁ悪いわけがないですよね。”California Girls”、プロモ映像が早くから出ていた”Do It Again”、”I Get Around”、”Help Me Rhonda”、娘のアンバ・ラブがリードを取る”Warmth Of The Sun”、ライブで興奮した”Brian’s Back”(ジェフリーはカールが乗り移ったよう!)、”Darlin’”、”Wouldn’t It Be Nice”、”Good Vibrations”、”Fun Fun Fun”…みたいな。オリジナルではリードを取っていなかった曲があるのもまたいい。”Wild Honey”にはマイクのバンドでドラムスを叩いていたカウシルズのジョン・カウシルが参加。そしてほぼ全編、プロデュース&アレンジは懐かしい名前だけれどマイケル・ロイド!自身でもギターやベースを弾いている。アルバムタイトルの『Unleash The Love』はマイクの名前に引っ掛けて「愛を解放する」という意味。ノー天気に見えるマイクだけれど、ジャケにはキング牧師やピースマークをコラージュして、愛を解き放ち、平和の鳥を羽ばたかせる…60年代ヒッピーイズムの精神性を今も体現しているのだと思う。しかしそうした理想よりも現実、利他よりも自利を取り、カネ儲け以外は思想スッカラカンという現代だと、そんなマイク・ラブも鳥を逃がしているおじいちゃんにしか見えないかもしれないけれど。