いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]評論家・映画監督の切通理作さんが店主を務める阿佐ヶ谷・ネオ書房の読書会を開催します。
哲学を学び直したい人のために ネオ書房【倫理教師・石浦昌之ライブ読書会】 12月20日(日) 18時半開場 19時開演 高校倫理1年間の授業をまとめた新刊『哲学するタネ 西洋思想編①』(明月堂書店)から、西洋哲学の祖、ソクラテスを取り上げます。 内容 ◆ フィロソフィア(愛知)とは? ◆「無知の知―汝自身を知れ」 ◆問答法はディアロゴス(対話)の実践 ◆「徳」とは何か? ◆プシュケー(魂)への配慮 ◆善く生きることとは? 入場料1200円 予約1000円  予約kirira@nifty.com
[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

 Rita Wilson

markrock2013-02-02

/ AM/FM ( Decca / 2012)

あまり話題にならなかったような気がするけれど、Rumerなんかと同様、昨年リリースされたいわゆる70年代回顧モノの1枚。ジミー・ウェッブ参加、そしてフレッド・モーリンのプロデュースってことで即入手しました。タイトルからしてまさにラジオから流れたヒット・ソングの時代を思い起こさせるけど、その中身はと言うと、それこそ70年代の有名曲ばかり!でも結構、これを選ぶか、っていうコアな部分もあって。シンガー・ソングライターソフト・ロックのファンにはドツボなんじゃないかな。選曲から考えておそらくフレッド・モーリンは、ジミー・ウェッブをプロデュース!したこともある、リンダ・ロンシュタットのレコードの気分で作ったんじゃないかな、と想像する。


正直、知らなかったけれど、リタ・ウィルソンって、女優であり映画プロデューサー、そしてトム・ハンクスの奥さんなんですね。正直映画やらハリウッド・セレブには疎すぎて全く知りませんでした。アーヴィング・エイゾフやデヴィッド・ゲフィンにスペシャル・サンクス書いてる時点で、一体何者?などと思ったけれど。御年56歳ということで、ジャケットは相当若作りしてます。


歌がとても上手で気に入った。女優のレコードだと、歌が一寸、なんてこともあるけれど。ここまで歌えれば素晴らしいレベル。Rumerより、パンチがあって好きかも。アレンジも含めて良かったのはメリリー・ラッシュで有名な” Angel Of The Morning”(チップ・テイラー作)。なんとシェリル・クロウがコーラスで参加している。他にもニルス・ロフグレンが参加した” Come See About Me”、ジャクソン・ブラウンと歌う、ダニー・オキーフの”Good Time Charlie's Got The Blues”とか。フェイス・ヒルと歌う” Love Has No Pride”なんてのも涙。エリック・カズとリビー・タイタスの共作。名曲は名曲。大好きなデイヴ・ロギンス(ケニー・ロギンスの従兄弟)の”Please Come To Boston”やヴィンス・ギルと歌うJ.D.サウザーの”Faithless Love”も嬉しかったし、もちろんジミー・ウェッブのピアノ一本をバックに聴かせる” Wichita Lineman”は素晴らしすぎた。


しかし、このフレッド・モーリンという人。本当に良い仕事をする。90年代から00年代のはじめにかけてガーディアンから出たジミー・ウェッブやバリー・マンクリス・クリストファーソンの自作自演集(彼のプロデュース)を学生時代バイブルにしていたワタシだから、いつも驚かされる。つまり、こんな時代にあって、生音の響きを大切にするんだから。まるで70年代のレコーディングですよ。打ち込みなんて概念は、そこにはない。さらに、驚くほどの有名ミュージシャンをゲストとして、嫌み無く的確に配置していく。全く曲やアーティストの色を損なうことなく、ね。きっとミュージシャンも、頼まれていやいや、ではなく、喜んで、演奏し、歌っていることが、伝わってくるのだ。


1. All I Have To Do Is Dream
2. Never My Love
3. Come See About Me
4. Angel Of The Morning
5. Walking In The Rain
6. Wichita Lineman
7. Cherish
8. You Were On My Mind
9. Good Time Charlie's Got The Blues
10. Love Has No Pride
11. Please Come To Boston
12. Will You Love Me Tomorrow?
13. Faithless Love
14. River