いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

[NEW!!]2023年12月22日(金)に大岡山のライブハウス、GOODSTOCK TOKYO グッドストック トーキョーで行われる、夜のアナログレコード鑑賞会 野口淳コレクションに、元CBSソニーでポール・サイモンの『ひとりごと』を担当されたディレクター磯田秀人さんとともにゲスト出演します。
ココをクリック
「アナログ鑑賞会〜サイモンとガーファンクル特集〜」 日時:12月22日(金) 19時開演、21時終了予定 入場料:予約2,000円 当日2000円(ドリンク代別) ゲスト:石浦昌之 磯田秀人 場所:大岡山 グッドストック東京 (東急目黒線大岡山駅から徒歩6分) 内容:①トム&ジェリー時代のレコード    ②S&G前のポールとアートのソロ·レコード    ③サイモンとガーファンクル時代のレコード(USプロモ盤を中心に)    ④S&G解散後、70年代のソロ·レコード ※それ以外にもレアな音源を用意しております。
[NEW!!]2023年11月25日(土)に『ディスカヴァー・はっぴいえんど』の発売を記念して、芽瑠璃堂music connection at KAWAGOE vol.5 『日本語ロックが生まれた場所、シティポップ前夜の記憶』を語る。 と題したイベントをやります。
f:id:markrock:20231119123246j:image
2023年9月19日、9月26日にTHE ALFEE坂崎幸之助さんの『「坂崎さんの番組」という番組』「坂崎音楽堂」で、『ルーツ・オブ・サイモン&ガーファンクル』を2週にわたって特集して頂きました。
1週目 ココをクリック
2週目 ココをクリック
f:id:markrock:20230904182855j:image
坂崎さんから
「聞きなれたS&Gがカバーしていた曲の本家、オリジナルの音源特集でしたが、なかなか興味深い回でしたね。やはりビートルズ同様に彼らもカバー曲が多かったと思うと、人の曲を演奏したり歌ったりすることも大事なのだと再確認です。」
[NEW!!]2023年10月27日発売、『ディスカヴァー・はっぴいえんど: 日本語ロックが生まれた場所、シティポップ前夜の記憶』の監修・解説、ノエル・ハリスン『ノエル・ハリスン + コラージュ』の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230926181532j:image
購入はココをクリック
f:id:markrock:20231022131852j:image
2023年9月29日発売、『風に吹かれて:ルーツ・オブ・ジャパニーズ・フォーク』の監修・解説、ビッグ・ブラザー・アンド・ザ・ホールディング・カンパニー『ビッグ・ブラザー・アンド・ザ・ホールディング・カンパニー』の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20231022130416j:image

f:id:markrock:20231022130609j:image
購入はココをクリック
f:id:markrock:20231022130403j:image
2023年7月28日発売、リッチー・ヘヴンス『ミックスド・バッグ』(オールデイズレコード)の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230918110205j:image
2023年8月26日(土)に『ルーツ・オブ・サイモン&ガーファンクル』の発売を記念して、西荻窪の素敵なお店「MJG」でイベントをやります。
f:id:markrock:20230813101635j:image
2023年6月30日発売、ルーツ・オブ・サイモン&ガーファンクルの監修・解説、ジャッキー・デシャノン『ブレイキン・イット・アップ・ザ・ビートルズ・ツアー!』(オールデイズレコード)の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230918104848j:image
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230918105526j:image
2023年3月31日発売、スコッティ・ムーア『ザ・ギター・ザット・チェンジド・ザ・ワールド』、オールデイズ音庫『あの音にこの職人1:スコッティ・ムーア編』、ザ・キャッツ『キャッツ・アズ・キャッツ・キャン』の3枚の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230408155636j:image
f:id:markrock:20230403220702j:image
f:id:markrock:20230403220638j:image
2023年2月24日発売、ビッグ・ボッパー『シャンティリー・レース』、フィル・フィリップス『シー・オブ・ラブ:ベスト・オブ・アーリー・イヤーズ』、チャド・アンド・ジェレミー『遠くの海岸 + キャベツと王様』の3枚の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230129183945j:image
2022年12月23日発売、バディ・ホリー・アンド・ザ・クリケッツ 『ザ・バディ・ホリー・ストーリー』(オールデイズレコード)の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230403220543j:image

ポール・サイモンの弟、エディ・サイモンのレコード

*[フォーク] ポール・サイモンの弟、エディ・サイモンのレコード

f:id:markrock:20200830175619j:plain

先日、ポール・サイモンの弟エディ・サイモンがギタリストを務めた時期があるバンド、Wingsを紹介した(https://merurido.jp/magazine.php?magid=00023&msgid=00023-1598778181)が、今回はポールと瓜二つのエディーの数少ないレコードを取り上げてみたい。

f:id:markrock:20200914191629j:plain
エディはクラシック・ギターの才能があり、ニューヨークでギター講師ともなった人。兄のポール・サイモンサイモン&ガーファンクル結成前のアート・ガーファンクルティーンエイジ・デュオ、トム&ジェリーで小ヒットを飛ばした後、ブリル・ビルディングでドゥ・ワップ風味のシングルを多数リリースしていた時代があった。最終的にフォーク・ギターを手に取り、英国風味のフォークを演奏することになるわけだが、そのきっかけをエディが与えたことは想像に難くない。こちらはポール&エディの共演”Anji”。

youtu.be

とはいえ、イギリスのトラッドを下敷きに、みるみるうちにソングライティングの才に目覚めた兄ポール・サイモンに比べて、エディのキャリアは地味なものだった。まず1964年に、ソングライターのハル・ゴードンとアティーナ・ホーセイ(コニー・フランシスなどの曲を書いた)が立ち上げたニューヨークのトルネードというレーベルから「Beach Boy / Pretty Lass」をリリース。これはさすがにシングルの実物を見たことがない。YouTubeで聴く限り、”Beach Boy”はむちゃくちゃ良い。何よりポールとそっくりの繊細な声色に惹かれてしまう。ポールがブライアン・ウィルソン・トリビュートで弾き語った神テイク”Surfer Girl”を思い出さずにはいられない仕上がりだ。

youtu.be

 その後、フォーク・ロック・グループWingsの設立メンバーとなるも、ダンヒルからのアルバム・リリース時には脱退、そしてギルド・ライト・ゲージ(The Guild Light Gauge)(ポール・サイモンも使っていたギターであるギルドのライト・ゲージ…安直なネーミング)というソフト・ロック・グループで1968年にキャピトル傘下のWe Make Rock'n Roll Recordsからシングル「14th Annual Fun & Pleasure Fair / Cloudy」をリリース。コレ、コッペルマン・ルービン・カンパニーの制作でプロデュースはアーティ・コーンフェルド、アレンジはジミー・ワイズナー。本気が伺えるものの、ヒットには至らなかった。男女二人ずつのグループだったが、ポール似のエディの歌声が目立つ。最後に奥の手、ということでB面ではS&Gの”Cloudy”(ポール・サイモンとシーカーズのブルース・ウッドリーの共作)の直球カバーを披露。

f:id:markrock:20200914203914j:plain

f:id:markrock:20200914185405j:plain

youtu.be

 さらにその後、1969年にサイモン&ガーファンクルを彷彿とさせるデュオ、クリブ&ベン(Crib & Ben)名義でデッカからシングル「Emily / Chorale In D Minor」をリリース(B面はカラオケ)。エドワード(エディー)・サイモン&ポール・ゲルバーからなるデュオ。エディの歌はここでもポールと区別がつかないような。しかもS&Gの名曲“For Emily, Whenever I May Find Her”を彷彿とさせるタイトル。アレンジとコンダクターはエマニュエル・ヴァルディというユダヤ系のヴァイオリニストが務めた。デッカではこの2人エドワード・サイモン&ポール・ゲルバー名義で、エフ・マッケイという人のシングルと、マッケンドリー・スプリングのファースト・アルバムをプロデュースした(彼らの有名なセカンドはエリオット・メイサーがプロデュースし、アダム・ミッチェルがアレンジを手掛けている)。マッケンドリー・スプリングの1stからシングルカットされた”What Will We Do With The Child”はニック・ホルムズの曲だが、これはアート・ガーファンクルが後にソロ・アルバムでニックの曲を歌ったことも思い出される。

f:id:markrock:20200914185313j:plain

f:id:markrock:20200914203557j:plain

 

youtu.be

以後エディはレコードをリリースする機会には恵まれず、1980年のポール・サイモンのアルバム『One-Trick Pony』以降は現在に至るまでマネジメントでクレジットされており、兄ポールを裏から支えている。

f:id:markrock:20200914203935j:plain