いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。 『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!! ●石浦昌之著 ●定価:本体2500円+税 ●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック

杉田二郎 / 旅立つ彼(東芝EMI / 1973)

markrock2018-09-10



日本でもアメリカでもイギリスでも、1973年位までのロック音盤にハズレはない。シューベルツ〜ジローズ杉田二郎の70年代初頭盤も素晴らしい。ソロとしては2枚目にあたる『旅立つ彼(ひと)』は佐々木勉のタイトル曲を除き、作詞・なかにし礼、作編曲・深町純(”ちいさなお前”は深町の詞曲)というトータリティに優れたプログレッシブな盤。何よりボーカリストとしての杉田の魅力を存分に味わえる。当たり前ですが、すごく良い声。

タイトル曲の”旅立つ彼”はニューロックなアレンジ、そして”真夜中の青春”はブラス・ロックになっていたり。曲間をあえてしぼっているため余韻を与えず、目まぐるしい展開でアルバムが進行する。曲によってはソフトロックのたおやかさもある(ジローズのファーストもそうだったけれど)のはこの時代ならでは。参加陣を見てみると、ドラムスにチト河内、ベースは岡沢章(アキラ)、江藤勲、後藤次利、ギターに高中正義水谷公生、矢島賢、石川鷹彦、そしてエレピ・ピアノ・オルガン・シンセ・エレクトリックハープシコード、メロトロンなど鍵盤全般は深町純。そしてバックグラウンド・ボーカルにはソウルフルな自演盤もある岡沢章、キン肉マンのテーマでお馴染みの串田アキラ、そして売れるまでは杉田が食わしていたというオフ・コース(小田和正鈴木康博)の二人。"死にたい時もある"で特徴的なオフコースのコーラスを聴ける。

                                                                                                                                                                                                                  • -

お陰様で拙著『哲学するタネ【東洋思想編】』、全国のジュンク堂丸善などで取り扱って頂けているようです!

地元の三鷹啓文堂でも!ありがとうございます!

アマゾン
https://www.amazon.co.jp/%E5%93%B2%E5%AD%A6%E3%81%99%E3%82%8B%E3%82%BF%E3%83%8D%E3%80%90%E6%9D%B1%E6%B4%8B%E6%80%9D%E6%83%B3%E7%B7%A8%E3%80%91-%E7%9F%B3%E6%B5%A6%E6%98%8C%E4%B9%8B/dp/4903145638/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1536625682&sr=8-1&keywords=%E5%93%B2%E5%AD%A6%E3%81%99%E3%82%8B%E3%82%BF%E3%83%8D
honto
https://honto.jp/netstore/pd-book_29236382.html