いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。 『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!! ●石浦昌之著 ●定価:本体2500円+税 ●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック

スーパーバイザー・ツカモト・バンド / ひび割れた心には君のかんだチューインガム( HANGER MAN RECORDS H-74099 / 1979 )

markrock2018-08-07


ガール・ポップ・シンガー須藤薫が1980年にCBSソニーからデビューする前に参加していた、シティ・ポップ系の自主盤(としばしば語られる)。全体的にサウンドのレベルが高く、トラックによってはジャケットからは想像できない驚愕の音。11曲中10曲を手がける主人公はつかもとひろあき。30代になった記念に自主制作した1枚であるようだ。1971年録音!という”白いヨット”、1977年録音のタイトル曲” ひび割れた心には君のかんだチューインガム”、そして”おじいちゃんの麦わら帽子”を除き、録音は1979年。フォーク風味のタイトルが共存しているのは、古い楽曲を含んでいるからか。GS風の”みどり色のマリー”なんてのも混じっていたり。

そしてクレジットを見てその演奏の完成度に納得。スペクトラムに加入する奥慶一がキーボードを、「谷口雅洋」名義でCBSソニーからデビューする谷口守がベースを。

そしてギターには小林泉美 & Flying Mimi Band、笹路正徳らとのマライアでも活躍した土方隆行が参加!笹路正徳といえばスピッツをブレイクさせたプロデューサーとしても有名だけれど、土方の方もその繋がりもあってかスピッツ空も飛べるはず」のプロデュースをやっていた。あとは大所帯バンドはにわオールスターズで知られる仙波清彦の名も。やっぱり注目してしまうのは須藤薫がメインボーカルを務める”レイニーデイ ブルース”と、”そっと、海へ”(井上昇の曲)。鈴のようなエヴァーグリーンな歌声。この歌声がもう生では聴けないと思うと…。ボッサ歌謡テイストの”そっと、海へ”が秀逸。

つかもとひろあきは作詞家として、CBSソニーから1984年にデビューした爆風スランプに”東京アンギラス”、”うわさに、なりたい”を提供。確かめてみると、爆風スランプのアルバム『よい』にもクレジットされていた。あ、手元にある『よい』、落書きのようなサンプラザ中野くんのサインも入っていた。

その後のつかもとはNHKみんなのうた」の童謡やCMソングを手がけることになる。