いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。 『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!! ●石浦昌之著 ●定価:本体2500円+税 ●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック

Chibo & The Bayside Street Band / Bayside Street (Polydor /1982)

markrock2018-08-01



2016年から書き続けていた哲学の本。全部で70章、約400ページ×3冊分の分量になってしまったのだけれど、やっと1冊分が校了。ネットでラジオ番組(極北ラジオ・石浦昌之の「哲学するタネ」)をやらせてもらっている明月堂書店から9月上旬に発売予定となっている。詳細はまたお知らせしたい。


そんなこんなで、古今東西哲学書をレコードを集めるように集め、読み続ける日々が(いったんは)終わる。資料として集めた本の一部を段ボール2箱分ほど古本屋に売ると思いのほかスペースが空いたので、またレコード屋に向かう。


7月末のセールが終わり、宴の後のようになった店内に、同じ人が売ったと思しき日本のニュー・ロック関係のレコが多数。まず驚愕したのがFlower Travellin’ Band『Satori』のオリジナルがCD以下の価格で投げ売りされていたこと。天割れ、盤やジャケもBマイナスレベルでコンディションはかなり悪かったけれど、掠め取るように買ってしまいました。長年憧れの盤だった。音は最高!

そしてこれも心の中で「おーーー!」となってしまったのが、Chibo & The Bayside Street Bandの『Bayside Street』柳ジョージ(譲治)、陳信輝が在籍した本牧のブルーズ・バンド、パワーハウスのボーカリストだったChibo(Chibow)こと竹村栄司のバンドが1981年にリリースした、ロックン・ソウルな大名作。発見した瞬間から宝物に出会えたような気分。クレイジー・ケンこと横山剣さんも激レスペクトするChiboさんのソウルフルな喉とゴキゲンなロックンロール/R&Bサウンドはどこを切り取っても好きな音だった。元々映画館でゴールデン・カップス・ワン・モア・タイム』ってやつを観まして(2004年かな)、そこでカップスについてコメントしていたのが、Chiboさんの初見。コワそうな人だな、という印象は今も変わらない。ワタシなんぞは一生かかっても及びもつかない、完璧な不良の音楽ですよ。カップスの映画のタイトルになった”One More Time”(ゼム時代のヴァン・モリソンの曲)も『Bayside Street』では演っている。”I’m Wishing For Tomorrow 〜明日になれば〜”っていう曲が良すぎて、先ほどから10回くらいリピート中。プロモーション資料も封入されていた。