いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!] ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

 成田賢 

markrock2009-05-09

/ 眠りからさめて ( CS FJSP-64 / 1971 )


まだキヨシロー・ショックから立ち直れないまま。しばらくお休みしていたブログもそろそろ復活させようかなと思う今日この頃。


4月19日に観たBS永遠の音楽 グループサウンズ大全集』。出演の岡本信(EX.ジャガーズ)が放送直後に亡くなられたのにも衝撃を受けた。「若さゆえ〜」で知られるGS同窓会皆勤だった御仁。アイドルとしてのGSを体現していた重要人物。ご冥福をお祈りします。さてこの番組、いつもの金太郎飴的作りかと思いきや、瀬川洋(EX.ダイナマイツ)、成田賢(EX.ビーバーズ)、ガリバーズ、寺内タケシとブルージーンズ、これまた過日惜しくも亡くなったデイヴ平尾抜きのカップスも交えた珍しい布陣。デイヴ抜きのカップスはやはり何かが違う(冒頭の"This Bad Girl"は嬉しかったが)。それにしても、若い世代からのレスペクトと思われる瀬川や成田の出演に戸惑う団塊観客を観るのが毎回面白い。ハプニングス・フォー辺りでも“コノ人達誰?”みたいな。まあそれが当時の一般的な感覚だろう。ワイルドワンズとは違うんですな。


さて、マッシュルームからの成田賢の2作が再発された。ガロの諸作が再発された10年ほど前に同時再発されたけれど、最近はプレミアが付いていたもの。とりあえず再発元のユニオンで2作買ったところ、サイン入りジャケットが2枚付いてきた。


まずは日本の一部に存在したフラワー時代の香りが感じられる一枚目から。プロデュースはミッキー・カーチスしょっぱなから村井邦彦のオーケストレイションに導かれたA-1”虹のように”が。イントロの歯笛も良い。加橋かつみの諸作を思い出す甘美なタッチ。失恋の痛みを乗り越える力強い歌声。同じく村井の弦アレンジのA-2”素晴らしい愛と共に”は再発のライナーで成田本人が明かしている通り、”Hey Jude”が元ネタになっているのだが、元ネタとはまた別の世界観を作り上げている所が凄い。プロデューサーのミッキーだが、彼の楽曲(詩はマッシュルームとは縁深い山上路夫)A-5”地球最後の日”が歌われてもいる。カントリー風の楽曲で、本盤の重さを和らげる。さて、A-1、A-5を除き編曲は大野克夫。とは言え、バンドは大野、原田祐臣、江藤勲、山内テツ、武部秀明、井上尭之、水谷公生らで全編均質なニューロックな音。B-1”すべては一部のすべて”は鈴木茂もギター参加したブルーズ・ロックな一品で改めてなかなか気に入った。アニソン中心のベスト盤成田賢ヒストリー 誰がために』でも愛聴していた。ちなみにこのベスト盤、CMソングとしては私も幼い頃の印象に残っている”東ハトキャラメルコーン”も収録されている。B-2”くもの巣”は本人もいまは「ブルースに興味がなくなった」なんて言ってますが、個人的には結構悪くないように思えるのだが。大野克夫がドブロを弾いている。さてそして、アシッド・フォークものとして知られるB-3”銀河鉄道の夜”はやはり素晴らしい。村井邦彦とアルファを作り、あの日本版ヘアーをプロデュースしたことでも知られる川添象太郎がフラメンコギターを弾いている。ラストの4行詩B-4”昼下り”もアシッド・フォークテイストの小曲。アクビで終わる、という。


2枚目はよりニューソウルテイストの作。こちらは次回また紹介するつもり。なんとも生田敬太郎にも通ずるジャパ・ソウルを感じるボーカルが堪らない。そう言えば生田と同じくエレックでデビューしたとみたいちろうも成田と同じくアニソンで大ブレイクしたわけで。確かな声量とテクニックが受け入れられる土壌がアニソン業界にあったということか。


http://evergreen009.web.fc2.com/EVERGREENTOP.htm