いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

[NEW!!]2023年12月22日(金)に大岡山のライブハウス、GOODSTOCK TOKYO グッドストック トーキョーで行われる、夜のアナログレコード鑑賞会 野口淳コレクションに、元CBSソニーでポール・サイモンの『ひとりごと』を担当されたディレクター磯田秀人さんとともにゲスト出演します。
ココをクリック
「アナログ鑑賞会〜サイモンとガーファンクル特集〜」 日時:12月22日(金) 19時開演、21時終了予定 入場料:予約2,000円 当日2000円(ドリンク代別) ゲスト:石浦昌之 磯田秀人 場所:大岡山 グッドストック東京 (東急目黒線大岡山駅から徒歩6分) 内容:①トム&ジェリー時代のレコード    ②S&G前のポールとアートのソロ·レコード    ③サイモンとガーファンクル時代のレコード(USプロモ盤を中心に)    ④S&G解散後、70年代のソロ·レコード ※それ以外にもレアな音源を用意しております。
[NEW!!]2023年11月25日(土)に『ディスカヴァー・はっぴいえんど』の発売を記念して、芽瑠璃堂music connection at KAWAGOE vol.5 『日本語ロックが生まれた場所、シティポップ前夜の記憶』を語る。 と題したイベントをやります。
f:id:markrock:20231119123246j:image
2023年9月19日、9月26日にTHE ALFEE坂崎幸之助さんの『「坂崎さんの番組」という番組』「坂崎音楽堂」で、『ルーツ・オブ・サイモン&ガーファンクル』を2週にわたって特集して頂きました。
1週目 ココをクリック
2週目 ココをクリック
f:id:markrock:20230904182855j:image
坂崎さんから
「聞きなれたS&Gがカバーしていた曲の本家、オリジナルの音源特集でしたが、なかなか興味深い回でしたね。やはりビートルズ同様に彼らもカバー曲が多かったと思うと、人の曲を演奏したり歌ったりすることも大事なのだと再確認です。」
[NEW!!]2023年10月27日発売、『ディスカヴァー・はっぴいえんど: 日本語ロックが生まれた場所、シティポップ前夜の記憶』の監修・解説、ノエル・ハリスン『ノエル・ハリスン + コラージュ』の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230926181532j:image
購入はココをクリック
f:id:markrock:20231022131852j:image
2023年9月29日発売、『風に吹かれて:ルーツ・オブ・ジャパニーズ・フォーク』の監修・解説、ビッグ・ブラザー・アンド・ザ・ホールディング・カンパニー『ビッグ・ブラザー・アンド・ザ・ホールディング・カンパニー』の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20231022130416j:image

f:id:markrock:20231022130609j:image
購入はココをクリック
f:id:markrock:20231022130403j:image
2023年7月28日発売、リッチー・ヘヴンス『ミックスド・バッグ』(オールデイズレコード)の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230918110205j:image
2023年8月26日(土)に『ルーツ・オブ・サイモン&ガーファンクル』の発売を記念して、西荻窪の素敵なお店「MJG」でイベントをやります。
f:id:markrock:20230813101635j:image
2023年6月30日発売、ルーツ・オブ・サイモン&ガーファンクルの監修・解説、ジャッキー・デシャノン『ブレイキン・イット・アップ・ザ・ビートルズ・ツアー!』(オールデイズレコード)の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230918104848j:image
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230918105526j:image
2023年3月31日発売、スコッティ・ムーア『ザ・ギター・ザット・チェンジド・ザ・ワールド』、オールデイズ音庫『あの音にこの職人1:スコッティ・ムーア編』、ザ・キャッツ『キャッツ・アズ・キャッツ・キャン』の3枚の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230408155636j:image
f:id:markrock:20230403220702j:image
f:id:markrock:20230403220638j:image
2023年2月24日発売、ビッグ・ボッパー『シャンティリー・レース』、フィル・フィリップス『シー・オブ・ラブ:ベスト・オブ・アーリー・イヤーズ』、チャド・アンド・ジェレミー『遠くの海岸 + キャベツと王様』の3枚の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230129183945j:image
2022年12月23日発売、バディ・ホリー・アンド・ザ・クリケッツ 『ザ・バディ・ホリー・ストーリー』(オールデイズレコード)の解説を寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230403220543j:image

 Herbie Mann

markrock2012-05-02

/ Glory Of Love ( A&M / 1972 )


最近ヤフオクで買ったサブ・ウーファーがなかなか良い。ヤマハの安いもの(YST-FSW100)で、中古2500円くらいだったけれど、そこまで低音が出過ぎることもなくゴキゲンなレベルかな。CD再生のアンプもヤマハだから相性は悪くないのか。


最近オーディオなんて誰も関心ないのか、それとも好きな人が買いまくって、買いすぎて、売りまくってるのか、アンプにしても中古じゃ激安ですな。たぶん2、3万もあれば、それこそ20万相当くらいのセットを作れるでしょう。YouTube再生するにしても迫力出ますよ。


さて、昨日は忌野清志郎の命日で。正直3年経つけれど、いまだにマトモにその事実を直視できない。チャボさんの追悼ライブのDVDだって2度くらい観たけれど余りにも辛くてもう観られないし。なんなんだろう。日本でロックを体現できた希有な人材だったからな。以後追悼ライブに顔出してくる人々を見ても、すいません、ロックって感じが全然しないんだよね。ソウルやブルーズってな黒いルーツがあるかないかのハナシなんだけど、真の意味で日本にロックは根付かなかったということかもしれない。このままじゃ、ロックは、ってか大好きだった音楽が死にゆく危機?!


最近こんな恐怖心で絶望することが2度3度じゃなくなってきていて。そんな風に音楽の危機を覚える度に、中古レコード屋に行くんだな。レコードを探す人を見てると安心する。捨てたもんじゃないな、ってね。今も昔もわざわざレコード探しに来る人って相当の音楽好きのはずだから。ってかYouTube時代に入って手軽に膨大な情報が手に入るようになって、人々の全能感は高まるばかりだけれど、実は言うほど知識が増えているわけではなくて、むしろ視野狭窄を引き起こしちゃってる感じがしなくもない。そんなリスナーの貧困化に手を差し伸べるのは−ナイーブな意見ではあるけれど−音楽愛しかないっすね。これは伝染病だから!


ってことで、今日は余り漁られていないポピュラー・ジャズの棚で収穫が。取り上げたのはクリード・テイラーCTI盤。A面にR&Bテイストのヒットが入っているのが面白い。清志郎レスペクトってところではサム&デイブ”Hold On, I’m Comin’”とか、レイ・チャールズの”Unchain My Heart”、アニマルズ・ヴァージョンが有名な”House Of The Rising Sun”、ボックス・トップスの”The Letter”(コレは良かった!)だとか。なんとも熱っぽいけれどクールなハービー・マンのフルートが、ジャズとも言えぬイージー・リスニングサウンドを響かせる。


他にもフォー・フレッシュメン盤とか、ボビー・スコット『Joyful Noises』のオリジナル盤が300円くらいであったのも驚きだったし、ジャズ・ピアニスト、アール・ハインズのサイン入り『Up To Date With』盤、尾崎紀世彦のシカゴやキャロル・キングの豪快なカバーが入った『Album No.5』なんても拾ってみた。