いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。 『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!! ●石浦昌之著 ●定価:本体2500円+税 ●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック

国吉良一 / 風の通り道(CBSソニー / 1976)

markrock2018-06-18


国吉良一といえば日本の名セッション・キーボーディスト。長谷川きよしのバックからキャリアをスタートさせ、坂本龍一伊藤銀次土屋昌巳(EX.一風堂)、吉田建、上原“ユカリ”裕、斉藤ノブなどこれまた名ミュージシャンを輩出した りりィ のバイバイセッションバンドに参加。個人的には長渕剛中島みゆきのアルバムでのプレイが印象深い。そんな彼が70年代半ばにCBSソニーからシンガー・ソングライターとして2枚アルバムをリリースしていることはあまり知られていない。今手元にある2枚はどちらも白プロモ盤。そこから推測するに、あまり売れなかったのでは。しかしこの2枚目は『風の通り道』はなかなかよい。吉田建、上原“ユカリ”裕、斉藤ノブというバイバイセッションバンドの面子に加え、洪栄龍(EX.乱魔堂)がギターで参加。後にバックスバニーCBSにやってくる金子マリや亀淵ユカ(EX.リッキー&960ポンド)というソウルフルなコーラス陣も加わる。”神田川”の喜多条忠谷村新司の歌詞提供があるあたりフォーキーな展開を予想するが、喜多条作詩の”真珠いろの月”は南佳孝の”スローなブギにしてくれ”や大滝詠一の70年代諸作を思わせるオールディーズな3連バラードで。”海の見える喫茶店”はボッサ、”地図を広げて”はサンバ風ファンキー・ロック。R&Bマナーのタイトル曲もゴキゲン。楽曲や歌声よりもスリリングな演奏に図抜けた印象が残ってしまうのは、やはりプレイヤーのソロというべきか。

ちなみに前年1975年リリースファースト国吉良一はドラムス原田裕臣吉田建土屋昌巳斉藤ノブ、村岡建という布陣に元・六文銭のギタリスト原茂が加わり、同じく元・六文銭の及川恒平が詩を提供。よりフォーク寄りのサウンドながら、堅実な演奏が耳に残る。よしだたくろう岡林信康五輪真弓、猫、ウィークエンド、ふきのとう、友部正人がいた時代のCBSソニー、期待の新人だった。