いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]「読者たちの夜会」(2021/1/14 LOFT9渋谷) 2020ベストビブリオバトル にて、哲学芸人マザーテラサワさんが『哲学するタネ―高校倫理が教える70章【西洋思想編1・2】』を取り上げてくれました。
[NEW!!]評論家・映画監督の切通理作さんが店主を務める阿佐ヶ谷・ネオ書房の読書会を開催します。
哲学を学び直したい人のために ネオ書房【倫理教師・石浦昌之ライブ読書会】 12月20日(日) 18時半開場 19時開演 高校倫理1年間の授業をまとめた新刊『哲学するタネ 西洋思想編①』(明月堂書店)から、西洋哲学の祖、ソクラテスを取り上げます。 内容 ◆ フィロソフィア(愛知)とは? ◆「無知の知―汝自身を知れ」 ◆問答法はディアロゴス(対話)の実践 ◆「徳」とは何か? ◆プシュケー(魂)への配慮 ◆善く生きることとは? 入場料1200円 予約1000円  予約kirira@nifty.com
f:id:markrock:20201220114218j:image
[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image

honto西洋哲学 1位・2位に2冊同時にランクインしました(2020/10/25付)
2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイドに掲載されました】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

V.A.

markrock2007-05-28

/ 70’s フォークの殿堂 ケン&メリー、我が良き友よ、遠い世界に( PJA-1030 /2007 )


タイトルからすると安易なジャパフォークコンピなのだが、中身はどツボなフォーク再録集。そこそこコアな選曲が渋い。コード付き楽譜集もフォーク世代向け。インタビューなんかの資料性も評価できる。


そもそもはエレック復刻プロジェクトでレアなオリジナル盤が相次いでCD化された古井戸は加奈崎芳太郎の新録3曲が目当て。大学時代には、惜しくも解体された渋谷ジャンジャンに通いつめ吼える加奈崎に熱狂し、ついには武蔵野でのコンサート実現のお手伝いをするに至ったのは望外の幸せだった。現在、盟友忌野清志郎の後を追うように病魔に冒されてしまった加奈崎のいち早い回復を、陰ながら、心より願っている。さて、ここでは古井戸時代のM-9”ちどり足”、M-11”さなえちゃん”(一オクターブ低く歌う)に加えソロでの名曲M-10”最後の誘惑”を歌う。最高。加奈崎の“リードギターを弾かせられる”安定したギターピッキングも聴ける。ちなみに”ちどり足”はあまり指摘されないがあの”神田川”の元ネタと目されている一曲。


しょっぱなに戻ると、斉藤哲夫吉田拓郎の名唱で知られるM-1”されど私の人生”、後期の名曲M-2”ピエロ”を。”されど私の人生”はオリジナルとは違ったギター弾き語りタッチでカナリ良い。さらに中川五郎が現役時代よりも安定したピッチでM-3”腰まで泥まみれ”、エリック・アンダーソンのM-4”Come to my bed side”を。万年青年といった青臭いフォークシンガーっぷりに好感。さらに西岡たかし作のM-5”恋人もいないのに”では再生シモンズが。現在五つの赤い風船のメンバーでもある青木まり子(元ジャネッツ)の安定感に救われている。スカイラインのCMソングで知られるバズM-7”ケンとメリー〜愛と風のように”は、10年ほど前にテレビで見たときより声量が落ちた感触は否めない。しかし駒沢裕城のペダルスティールに酔う。70年代という時代を呼び戻す音だ。M-8”君を迎えにきたよ 2007”は歌謡曲風の代表曲の再録。


さらに白眉はムッシュかまやつのM-12”我が良き友よ”。ムッシュがただ普通のリメイクなんかやらないだろうとは思ったがヤハリ。懐古的な歌謡フォークが、高田漣のペダルスティールをバックに、プログレッシブなカントリーロックに変貌。脱帽の出来。さらに、カントリー繋がりでM-13”どうにかなるさ”を選曲。ムッシュがGSからフォークの世界にスンナリ入れたのは、人一倍の好奇心とともに同じアコギを抱えた「カントリー&ウェスタン」というルーツがあったからこそ。ラストの西岡たかしは弾き語りで代表曲M-15”遠い世界に”を。沁みます。3フィンガーのブルースM-14”食パンさん”も円熟モノ。