いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20190909172121p:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20191115033300j:image
[NEW!!]編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。 ●定価:本体3000円+税●A5判(上製)416頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。 『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!! ●石浦昌之著 ●定価:本体2500円+税 ●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック

Albert King / Blues For Elvis ( Stax / 1969 )

markrock2018-08-23


普通に良音だな〜と感心しているのはブルーズ三大キングのひとり、” Born Under A Bad Sign”で知られるアルバート・キングの1970年作でエルヴィス・プレスリーのトリビュート作。とはいえこのLPはオリジナル(原題『King, Does The King’s Things』)ではなく、1980年に『Blues For Elvis』のタイトルで再発されたもの。安く落ちていたので捕獲してみた。私はレコーディングを除き、極力ヘッドフォンやイヤフォンで音楽を聴かないのだけれど(なぜかアタマが痛くなる…)、こういうシンプルなやつは近所から苦情が来るくらいの大音量のスピーカーで聴かないとダメだな、と思う。実際いまそんな音に酔いしれているところ。


ドナルド・ダック・ダンとアル・ジャクソン・JrというブッカーT&ザ・MGズのリズム隊がプロデュースとアレンジを務める。スティーブ・クロッパーがいないぞ、と思うかもしれないけれど、そこはブルーズ三大ギタリストのアルバート・キングがいますから(同年にスタックスからリリースされた『Jammed Together』アルバート・キング、スティーブ・クロッパー、ポップ・ステイプルズ名義でこれまた良いアルバム)。”Hound Dog”はエルヴィスというよりオリジナルのビッグ・ママ・ソーントン版を思わせるけれど、”All Shook Up”や”Jailhouse Rock”など、ロックを感じさせる演奏もあるあたり、1967年にスタックスに移籍して白人ロック世代の若者にアピールしたアルバートらしい。”That’s All Right”、”Heartbreak Hotel”、”Don’t Be Cruel”、”Blue Suede Shoes”、そして”Love me Tender”まで…エルヴィスという最も黒っぽかった白人が、それこそビッグ・ママ・ソーントンやアーサー・クルーダップ、オーティス・ブラックウェルやジャッキー・ウィルソンなどの黒人ミュージシャンから学び取ったものを逆の経路で辿っていく感じが面白い。オーティス・レディングの有名フレーズなんかを忍び込ませているアレンジも遊び心がある。時代を超えたハリのある音を聴いていると、エンジニアのうちの一人、テリー・マニングはやはり凄い音を作っているのかな、と思ったり。彼は1970年に名ソロ『Home Sweet Home』を出している。