いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。 『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!! ●石浦昌之著 ●定価:本体2500円+税 ●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック

Bill Labounty

markrock2009-08-21

/ Back To Your Star ( TACM-0007 / 2009 )


ビル・ラバウンティが単独公演で来日するってことで。マア、行きたいけど行けないような気がしてならないのだが…久々の新作は入手しました。デヴィッド・フォスターのトリビュート作『Fly Away』ではピーター・セテラに提供したフォスターとの共作”No Explanations”の感動的なセルフカバーを演っていて、久々に歌声を聴いていたところ。


さて、ビル・ラバウンティ。スティーヴ・イートンらとのバンドFat ChanceでLPを1枚リリースし、解散以降はソロとしてアダルト・コンテンポラリーの名盤を5枚リリース。とりわけマイケル・ジョンスンも歌った”This Night Won’t Last Forever”やマン&ワイルと共作した”Livin’ It Up”は日本における絶大な支持がある。最近はナッシュビルに在住し、ポップ・カントリーのライターとして多くのヒット曲を出している。日本でAOR時代に持て囃されていたことを思うと、ジム・フォトグロなんかと被る存在。そのホロ苦さのあるR&Bマナーの渋い楽曲と切ないメロディは一聴して彼の作品と判るもの。近年ではロビー・デュプリー(近作でもブルース・ハープで参加)への提供曲に、往時を思わせる楽曲があった。


さて、今作だがいつも以上に渋い作品。コレを偏狭なAORファンが諸手を挙げて受け入れるとは思えないけれど、アメリカの風土でしか作りえない、彼の黒っぽくときにジャジーで、土臭くもあり、洗練されてもいる音は風化に耐える音とみた。


ジャケットにも描かれているように、ハイウェイを渡り歩くロードのさなかに、深夜あるいは早朝に作ったと思しき楽曲が多い。トータル・アルバムとまで言えないけれど。まあでもそう考えるとラストの日本盤ボーナストラック”Livin’ It Up”(ナント、ラリー・カールトンのギターとビルのピアノのみのアクースティック・ヴァージョン)はその名の通りボーナスとして聴くべきかと。


ミディアム・バラードではM-3”Dianne”が秀逸。M-4”hwm 85”なんかも、噛めば噛むほど美味しいスルメ的味わいが。ジャケにシールが貼ってあるのかと思ったら印刷されていてビックリしたフィーチャリング・クレジットにもあるけれど、元TOTOのメンバーで、ナッシュビルの腕利きデヴィッド・ハンゲイトやプロデューサーのダニー・パークス、ビルが曲を書いたスティーブ・ウォリナーらが参加。スティーブ・ウォリナーはゴスペル風なM-12”River Girl”でギター・ベース・コーラス・ソングライティングを務め、ビルと共演。そうそう、元クラッキンのリック・チューダコフもロビー・デュプリー繋がりか、M-10"The Wheels Are Coming Off"のソングライティングに参加。


地味だけど、実力のあるミュージシャンらしい佳作。