いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
[NEW!!]編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

Kenny Rogers / What About Me?

*[AOR] Kenny Rogers / What About Me?(RCA / 1984

 

f:id:markrock:20190204223653j:plain

 

前回ジェイムス・イングラムを取り上げた後、SNSで彼のファンを公言している人が結構多いことに気が付いた。そんなわけで、カントリー・シンガー、ケニー・ロジャースAOR名盤『What About Me?』を久々に聴いてみた。ケニーとキム・カーンズ、そしてジェイムス・イングラムのトリオが歌うタイトル曲のバラード”What About Me?”はやっぱり素晴らしい。ケニーとプロデューサーのデヴィッド・フォスター、そしてリチャード・マークスが共作した楽曲。それこそ”We Are The World”な時代の産物。男性カントリー・シンガーと女性、そしてアフリカン・アメリカンの組み合わせは、まるでこの時代のリベラル理想系みたい。でもメインは男性っていう。

f:id:markrock:20190204223312j:plain

Keane(Brothers)のトム・キーンが手がけた”The Night Goes On”も産業ロック風でカントリー歌手らしからぬ感じだし。ローラ・アランの書いた”Dream Dancin’”は切ないカントリー・ポップ。ギャラガー&ライルのグレアム・ライルとトロイ・シールズの共作”Didn’t We?”、デヴィッド・ポメランツとリチャード・マークスの珍しい共作”Somebody Took My Love”、ケニーとリチャード・マークス共作の名バラード”Crazy”もある。ドリー・パートンの”The Stranger”を入れたのは、カントリー・ファンを繋ぎとめるためかな。とにかく良い楽曲を良いシンガーと良いスタッフ(ネイザン・イースト、ジョン・ロビンソンエド・グリーン、ジョー・シャーメイ、デヴィッド・フォスターなど)で演奏するという豪華なプロダクションが功を奏している。

 

f:id:markrock:20190204223043j:plain

 息を飲む様なレコードに次いで、ジェイムス&ルーサー・イングラム兄弟やパティ・オースティンらが客演したクインシー・ジョーンズ『Dude』を。やはりDune歌唱の”Ai No Corrida(愛のコリーダ)”でしょう。もちろんジェイムス・イングラムの”Just Once”も。ヒートウェイヴのロッド・テンパートン楽曲はマイケル・ジャクソン『Thriller』とも合わせて聴きたい。そしてそして、テナー・サックスのアーニー・ワッツのクインシー・プロダクションの1982年作『Chariots Fire』。こちらもファンキーな”Hold On”(スティーヴ・ルカサーのソロも最高!)や”Gigoro”でジェイムス(&ルーサー・イングラムハワード・ヒューイット)の楽曲・歌唱を堪能できる。

f:id:markrock:20190204223641j:plain