いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。 『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!! ●石浦昌之著 ●定価:本体2500円+税 ●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック

 Liza Minnelli

markrock2012-01-25

/ The Singer ( Columbia / 1973 )


ライザ・ミネリの素敵なLPレコードを。”The Singer”(ウォルター・マークス作のタイトル曲名)という明快なタイトル。一世を風靡していたシンガー・ソングライター作品のカバー作だが、歌手としての絶大な自信が表れているような。スナッフ・ギャレットのプロデュースで、アレンジはアル・キャップス。実にゴージャスで聴き応えがある。


楽曲が良いんだから、悪いはずがない。ポップ・カントリーのシンガー・ソングライター、マック・デイヴィスの2曲(”I Believe In Music”、”Baby Don’t Get Hooked On Me”)、ソウルフルに迫るビル・ウィザースの”Use Me”、カーリー・サイモンの代表曲”You’re So Vain”(ラテン・ロッキン・ソウルなバッキングのついたカバー!)、その夫だったジェイムス・テイラーの”Don’t Let Me Be Lonely Tonight”といった手固いところだけではなく、ハリケーン・スミスの”Oh, Babe, What Would You Stay”やシャーマン・ケリー作でキング・ハーヴェスト(ボッファロンゴ)がレコーディングしていた名曲”Dancing In The Moonlight”の収録も嬉しい。他にもロボの曲もあり。


白眉はエンターテイナー系歌手との相性がよいスティービー・ワンダーの”You Are The Sunshine Of My Life”。シナトラだった演ってますから。ロバータ・フラックのカバー、”Where Is The Love”もなかなか良かったな。