いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

[NEW!!]2022年12月23日発売、バディ・ホリー・アンド・ザ・クリケッツ 『ザ・バディ・ホリー・ストーリー』(オールデイズレコード)のライナーノーツ寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20221230235618j:image

Blue Magic

markrock2009-08-19

/ From Out Of The Blue ( Columbia CK 45092 / 1989 )


80年代最後の年に産み落とされた、クワイエットストームの佳作。主人公は70年代に名盤『Blue Magic』を残している老舗コーラスグループ、ブルー・マジック。スウィートソウルものとしては絶大な人気がある人達。これは彼らにとっては久々の一線復帰となった作。プロデュースはヴィンセント・F・ベルとアルヴィン・ムーディー。デフ・ジャムを設立したラッセル・シモンズが作ったOBR(オリジナル・ブラック・レコーディングス)からのリリース。


まず、グループ名の一部を織り込んだM-1”It’s Like Magic”からフィリー風で早速うっとりさせられる。低音とファルセットの掛け合いが見事。全編打ち込みなのだが、真夜中のBGMに最適な耳に優しい音。


M-2”Couldn’t Get To Sleep Last Night”、M-3”Secret Lover”にアリソン・ウィリアムスとのデュエットM-4”We’re Gonna Make It”…もう完璧としか言いようの無いバラード群。M-4は冒頭どうもライブ録音のように聴こえたけれど、そういうSEなのか。


LP時代を引きずってか、A面(7曲目)までが甘甘のバラード。ということでアッパーな後半は今聴くにはカナリ苦しいのだが、ミディアムM-11”Tuesday Heartbreak”ぐらいはなんとか聴ける音だった。


しかし、この時代まではソウルって音楽がまだ生きていたのだと再確認。しかしコレですらもう20年前ってのが驚き!歳をとったもんです。