いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]「読者たちの夜会」(2021/1/14 LOFT9渋谷) 2020ベストビブリオバトル にて、哲学芸人マザーテラサワさんが『哲学するタネ―高校倫理が教える70章【西洋思想編1・2】』を取り上げてくれました。
[NEW!!]評論家・映画監督の切通理作さんが店主を務める阿佐ヶ谷・ネオ書房の読書会を開催します。
哲学を学び直したい人のために ネオ書房【倫理教師・石浦昌之ライブ読書会】 12月20日(日) 18時半開場 19時開演 高校倫理1年間の授業をまとめた新刊『哲学するタネ 西洋思想編①』(明月堂書店)から、西洋哲学の祖、ソクラテスを取り上げます。 内容 ◆ フィロソフィア(愛知)とは? ◆「無知の知―汝自身を知れ」 ◆問答法はディアロゴス(対話)の実践 ◆「徳」とは何か? ◆プシュケー(魂)への配慮 ◆善く生きることとは? 入場料1200円 予約1000円  予約kirira@nifty.com
f:id:markrock:20201220114218j:image
[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image

honto西洋哲学 1位・2位に2冊同時にランクインしました(2020/10/25付)
2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイドに掲載されました】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

Jason Scheff / Here I Am

*[AOR] Jason Scheff / Here I Am ( Bassline Productions / 2019 )

f:id:markrock:20200411134705j:plain

このベタベタな盤を何気に最近よく聴いている。デビューから50年を超えたシカゴ、ピーター・セテラ脱退後の傀儡と謳われたジェイソン・シェフのリメイク・ソロ盤。シカゴのパワーバラードの名曲がちゃんとスタジオ再録音されている。後釜の印象も強いけれど、加入して31年在籍したわけだから(2016年に脱退)、ピーターの加入期間を超えていたことになる。

f:id:markrock:20200411134722j:plain

ソロとしては2枚目になるのかな。ファースト・ソロは高校生の頃、高田馬場にあった中古盤店タイムでサンプル盤を買った記憶がある。TOTOボビー・キンボールジョセフ・ウィリアムズ、そして当時シカゴに在籍していたビル・チャンプリンと共にWest Coast All Starsというアカペラ企画グループを組んで2枚アルバムを出したこともあった。これも高3か大学生になりたての頃に買ってよく聴いていた。

 

で、今回の盤はジェイソン加入後のシカゴの大ヒット”Will You Still Love Me?”に始まり、シカゴではビル・チャンプリンがメイン・ボーカリストだった”Look Away”(しかもビルもボーカルで参加!)、”What Kind Of Man Would I Be?”、そしてピーター時代の”Feelin’ Stranger Everyday”や”Hard To Say I’m Sorry”も演っている。アレンジは原曲に忠実で、これは正解だと思った。”Saturday In The Park”のオマージュ的メロディを持つ”Wonderful Day”も入って、完成度はかなり高い。プロデューサーはナッシュビル・カントリー・ポップの雄、ラスカル・フラッツのジェイ・デマーカス。ラスカル・フラッツのパワー・バラードはシカゴ的だと感じてブレイクした頃よく聴いていたけれど、こんな所で結びついた。

 


ちなみにパワーバラード(バラードにロック・バンド、とりわけ歪んだエレクトリックギターのソロを入れるという今となっては定番のアレンジ)のアイデアの元はカーペンターズの”Goodbye To Love”。んで、そうした楽曲のメロディの原型を作ったのは間違いなくバリー・マン。バリーがダン・ヒルと共作した”Sometimes When We Touch”みたいのがプリAORバラードの名曲でした。そのダン・ヒルと同郷カナダのデヴィッド・フォスターが、バリー・マンの正統な継承者でしょう。”Hard To Say I’m Sorry”を聴くとそれがよーくわかる。そして、デヴィッドの継承者がレズビアンのアーティスト、ダイアン・ウォーレンですね。エアロスミス” I Don't Want to Miss a Thing”で知られている。ジェイソンの本盤でリメイクされている”Look Away”もダイアンの作。そういえば、何年か前にジェイソンのsoundcloudを覗いていたら、おそらく無断で、ダイアン・ウォーレンの”Look Away”のデモ音源をアップしてたんですよね。この辺が二世ミュージシャン(ジェイソンの父はエルヴィスのベーシスト、ジェリー・シェフ)の脇の甘さか(笑)ソングライターのデモを長年集めている私はすかさずコピーしてしまいましたが…しばらくして消されました。ダイアンの音楽出版社が出しているデモにも何曲かダイアン歌唱のデモが入っているが、そこにも未収録だったもの。

f:id:markrock:20200411134744j:plain

最後に我が家のお宝、シカゴのメンバーのサインが全部入った『Chicago18』。たぶん業界関係者がお亡くなりになったかで売ったものだと思われるけれど、某レコード100円市にこういうものが沢山出ていたうちの1枚。家を傾かせるぐらい、あるいは人生を狂わせるぐらい(まぢで)レコードを買っていると、時々嬉しいことも
ある。