いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]評論家・映画監督の切通理作さんが店主を務める阿佐ヶ谷・ネオ書房の読書会を開催します。
哲学を学び直したい人のために ネオ書房【倫理教師・石浦昌之ライブ読書会】 12月20日(日) 18時半開場 19時開演 高校倫理1年間の授業をまとめた新刊『哲学するタネ 西洋思想編①』(明月堂書店)から、西洋哲学の祖、ソクラテスを取り上げます。 内容 ◆ フィロソフィア(愛知)とは? ◆「無知の知―汝自身を知れ」 ◆問答法はディアロゴス(対話)の実践 ◆「徳」とは何か? ◆プシュケー(魂)への配慮 ◆善く生きることとは? 入場料1200円 予約1000円  予約kirira@nifty.com
[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

Bob Dylan

markrock2010-03-25

/ Together Through Life ( Columbia / 2009 )


加藤さんのことを考えていたら、ポピュラー音楽界の現状に対する失望が余りにも深くて。正直このブログもやめてしまおうかと考えてもいたのだ。でも唯一の希望があって。それは生演奏のアウラ(オーラ)。アナログからデジタルへの変化に従って、ほぼ複製が可能となったわけだけど、完全に所有することが出来ないのはライブ演奏だと思うし、これだけCDが売れないと言われ続けていても、ライブの動員数はそれほど落ち込んでいないと言うことがそれを証明してくれる。結局ライブに行って、観客やアーティストと感じる一体感は、ヴァーチャルに勝るんです。そんなことを感じつつ、24日に行ける事になった「ディラン」が唯一の望みでして。


そのライブに先立って、細野晴臣のエッセイ集分福茶釜を読んでいたら、ロックに未来がある、なんて文章がたまたま見つかった。若者の所有物と思われていたロックを60代が演奏するようになることへの期待。そして、若くなければダメ、という思い込みが強いのはアメリカや日本くらい、なんて発言も心強かった。そうだよね、民謡の世界じゃ歳を重ねた長老が若造には到底表現しえない芸を見せ付けてくれるもので。ワールド・ミュージック的観点ではそっちが当たり前なんだな、と。


で、24日のボブ・ディラン来日公演。凄かったなあ。本当に凄かった。一聴して、どう考えても「当たり」の一日と確信。毎度開演時にアナウンスされる“コロンビア・レコーディング・アーティスト”を48年も続けてきた男が現役じゃなくてなんなんだ、と言う気にさせられる。今も転がり続けている。そもそも68歳にしてライブハウス・ツアーだよ!まあ年齢がどうとかいう問題ではないのかもしれないけれど。Zepp東京ブライアン・セッツァー以来ながら、熱気はそれ以上。ぎゅう詰めの超満員だったけれど、数メートル先に動くディランを観たら失神しそうになった。


9年前の武道館でも演った”Stuck Inside Of Mobile With The Memphis Blues Again”(拓郎で言うところの"春だったね"<これも一曲目によく演る>ですな)でスタートして、もう半端なく声が出ている。9年前を余裕で上回るコンディションで。しけてることで有名な94年のアンプラグドなんて、一体なんだったんだ、と思う仕上がり。しかも、笑顔を見せつつハープを吹くわ、吹くわ!殆んど水も飲まず、歌の途中でもプープー吹いて来るんだから、度肝抜かれました。ディラン自身によるキーボードも、単調な三連ソロとかに大真面目に合わせているバンドが最高で、もうロックとしか言いようが無いその演奏に涙涙…チャーリー・セクストンはかなりディランに気を遣っていて(当然か)、偉いなぁと思った。あの”Like A Rolling Stone”までをして即興演奏を挟み込まんとする、予定調和を拒むディランこそがロック!!

セットリストは以下の通り。

1. Stuck Inside Of Mobile With The Memphis Blues Again
2. It Ain't Me, Babe
3. Rollin' And Tumblin'
4. Mr. Tambourine Man
5. Cold Irons Bound
6. Sugar Baby
7. Desolation Row
8. Blind Willie McTell
9. Most Likely You Go Your Way
10. Can't Wait
11. Highway 61 Revisited
12. If You Ever Go To Houston
13. Thunder On The Mountain
14. Ballad Of A Thin Man

(encore)
15. Like A Rolling Stone
16. Jolene
17. All Along The Watchtower

個人的に1・2はイントロで既にチビりそうになった。4は驚くほど、オリジナルのメロに忠実で、どうしちゃったのかと思ったくらい。声が出てるんだわ。そして7では観客のフィーヴァーが頂点に達し。そしてバンジョーが入って、マサカの8…この隠れた名曲(もはや代表曲かもしれませんが…)を生で聴けるとは!11も凄い盛り上がり。近作からは12が気に入っていたので、嬉しい選曲。アンコールは割とラフな演奏だと思ったけれど、ロックのダイナミズムを存分に感じられた。


終演後には、9年前の武道館にも一緒に足を運んだ長年の音楽仲間と感動を分かち合った。目の前にあの時と同じように立ちはだかるディランが、9年間の心境や環境の変化とどう呼応してるか、なんて話していたら、話尽きなくて…。ディランはとにかく人生と重ね合わせるに足る人物。78年のディラン初来日時にNHKで放送された名ルポルタージュ『ボブ・ディランがやって来た』村上龍がレポーター)の再放送を見た時にも感じたことだけれど、ボブ・ディランがやって来る、というだけで、番組が出来てしまうくらい、多くの人々の人生に意味を持ってきた歌手なのだということなのだ。


音楽に失望するのはしばらくやめにしよう、と本気で思えた一晩。