いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
[NEW!!] ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

Paul Simon

markrock2012-10-20

/ Live In New York City ( HEAR MUSIC / 2012 )


先日ある若手バンドのデビュー作についてレビューを載せたのだけれど、アップ後なんとメンバー本人から内容について怒りのメールが!コレは物書きとしては本望なんだけど、ちょっと寂しい気もしたな。批評不在の時代に入ったことを実感したというか。音楽雑誌の衰退でまともな音楽評論は表舞台から消えてしまい、雑文書きのライターはヨイショ記事(ほぼプロモーション資料通り!)を書いてお金をもらうという構造、全部が全部ではないにしろ、ね。ミュージシャンもそれが当たり前だと思っているから、批判的と読める記事を書かれると評論家は要らないだとか大騒ぎするという。第一こちらもお金払ってCD買ってレビューしてるんだから、言う権利はあるでしょう。誰から頼まれて書いているわけでもない、ただの音楽狂の日記なんだから。お金を払う価値があるか、ないか、をレビューする権利ってもんくらいあるでしょう。リスナーを馬鹿にしちゃいけません。お客さん一人一人が評論家なんですよ。ただ、面白いと思ったから取り上げたのは事実。毎月100枚くらい聴いて面白いものをとつとつと取り上げているわけだから。けなそうなんて意図はないってコトです。


さて、英アマゾンから送られてきたポール・サイモンの新作ライブを。2CD+DVDのヴァージョンで購入。最近2000円程度のこうした3枚組が多く出ている。ついついこうなるとDVDを観てしまう場合が多いかな。CDはCDで発見が多いけれど。


冒頭にあるセットリストを見ると、”明日に架ける橋”みたいなS&Gものを中心にカットして編集した模様。サイモンほどの幅広い音楽キャリアを誇るアーティストになると、なかなか全貌を捉えにくい部分がある。DVDで2009年に出たPaul Simon & Friends: Library of Congress Gershwin』でも、同じポールの作品とはいえ、S&Gものとソロの諸作品が納まりの悪さとして感じられた部分がある。トリビュート・ライブだったから特に。せめて本人が歌わないと、キャリアを1つの線として追えなくなってしまう。


そういう意味では今作はS&Gの再結成と差別化を図ったソロの集大成と言える内容にしたかったのかも。録音時期からすると『So Beautiful So What』と合わせて聴くのが良いだろう(1年以上前の2011年6月6日の録音)。そして生バンドの巧みな演奏を味わいながら聴く作品かも。このバンド、ほんと凄いね。腰が浮いてきてしまう。『GRACELAND』以降のサイモンの特色でもある、ハイ・ポジションのエレキのアルペジオを聴くだけでトランス状態になる。アフリカン・リズムとアメリカの黒人音楽のリズムのごった煮。テックス・メックスやザディコ含めた。ポール・サイモン、リズム探訪の軌跡の着地点というか。でも伴奏を削ぎ落としてギター・コードだけを見ると、フォークやロックンロールっぽい3コードを基調にしていて、それもポールのルーツを見るような気分になる。アカペラものも、アフリカ的なものとして今まで聴いていたけれど、よく耳を澄ますと、ポールの好きだったドゥ・ワップを歌っているようにも聴こえたり。今回の発見かな。


ポールのボーカルは、前半はいつもの80%くらいのコンディションからスタート、年齢を考えると高音は厳しいかなと思いつつ、ライブが進むにつれて温まってくると、なんともスムースで繊細ないつものボーカルが立ち表れてきて。パフォーマーとしては現役そのものの快調っぷり。


”The Sound Of Silence”の弾き語りに加え、ニューヨークでのライブだからか”The Only Living Boy In New York”を。S&Gファンへのサービスかな。


そういえば合わせて『GRACELAND 25th ANNIVERSARY EDITION』もCD+DVDのエディションで購入。家に何枚もあるアルバムだけれど、こうして新装されるたびに買ってしまう、素晴らしいアルバムだ。

1. The Obvious Child
2. Dazzling Blue
3. 50 Ways To Leave Your Lover
4. So Beautiful or So What
5. Mother & Child Reunion
6. That Was Your Mother
7. Hearts and Bones
8. Crazy Love, Vol. II
9. Slip Slidin' Away
10. Rewrite
11. The Boy In The Bubble
12. The Only Living Boy In New York
13. The Afterlife
14. Diamonds On the Soles of Her Shoes
15. Gumboots
16. The Sound of Silence
17. Kodachrome
18. Gone At Last
19. Late In the Evening
20. Still Crazy After All These Years