いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20201004210812j:image'>
[NEW!!]評論家・映画監督の切通理作さんが店主を務める阿佐ヶ谷・ネオ書房の読書会を開催します。
哲学を学び直したい人のために ネオ書房【倫理教師・石浦昌之ライブ読書会】 12月20日(日) 18時半開場 19時開演 高校倫理1年間の授業をまとめた新刊『哲学するタネ 西洋思想編①』(明月堂書店)から、西洋哲学の祖、ソクラテスを取り上げます。 内容 ◆ フィロソフィア(愛知)とは? ◆「無知の知―汝自身を知れ」 ◆問答法はディアロゴス(対話)の実践 ◆「徳」とは何か? ◆プシュケー(魂)への配慮 ◆善く生きることとは? 入場料1200円 予約1000円  予約kirira@nifty.com
[NEW!!]『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】が2020年10月20日に2冊同時刊行!!。
『哲学するタネ】――高校倫理が教える70章』【西洋思想編1】【西洋思想編2】2020年10月20日発売
●石浦昌之著
●定価:西洋思想編1 本体2000円+税(A5判 330頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
●西洋思想編2 本体1800円+税(A5判 300頁)(明月堂書店)
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004205325j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年10月10日発売
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁(明月堂書店)
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20201004211116j:image

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

Jerry Fuller

markrock2012-10-21

/ It’s My Turn Now ( MCA / 1979 )

最近興味を持って集めているプロデューサー、ソングライター、シンガーのジェリー・フラー。元々南部のカントリー寄りのポップ・ライターが大好きだったので、この人の音はドツボそのもの。B.J.トーマス、バリー・マングレン・キャンベル、デニス・ランバート、マーク・ジェイムス、60年代後半以降のエルヴィスなんかにピンと来る人なら嫌いなはずがない音。リッキー・ネルスンの”Travelin’ Man”やゲイリー・パケット&ザ・ユニオン・ギャップの”Young Girl”、”Lady Willpower”といったヒット曲のライターとしてはアメリカン・ポップス・ファンにもお馴染みだ。ソウル・ファンにはアル・ウィルソンの一世一代の名曲”Show and Tell”(自身による二番煎じ”Touch and Go”というのもあるけれど)のライターとしても知られているだろう。


とはいえ元々はシンガーの出。チャレンジ・レコード時代の音は『A Double Life The Challenge Recordings 1959-1966』でたっぷり24曲が聴ける。音も良くて最高のコンピです。カントリーっぽい曲がメインかと思いきや、”Double Life”(1966年)をはじめとしたノーザン・ソウルものがあって驚く。最高に良い!ソウルフルな喉は絶好調ですよ。”Turn To Me”(1966年)はのちの”Show and Tell”ともつながるリフレインを持っていて、ブルーアイド・ソウルな後の作風の原型を感じさせるもの。ロックンロールな”Tennessee Waltz”やフォーク・ロックな”The Master Plan”なんかを聴くだけで、時流に合わせて音楽業界の荒波を潜り抜け、成功を掴み取ったことがわかる。

そんな成功の後にリリースされた初のソロ・アルバムが『It’s My Turn Now』。「今度は俺の番だよ」ってなタイトルが泣かせる。探してみると、行きつけの中古レコード屋フラッシュ・ディスク・ランチに300円のシールド盤があって。今までなんで気が付かなかったのだろう。内容としてはジミー・ウェッブ調の曲もあったりして、あの時代のポップ・カントリー好きなら堪らない音。曲も目立つものはないものの、粒ぞろいでリピートしてしまう。佳曲”Lines”はシングル・リリースされ、なんとかビルボード100にランクインしたみたい。


どうもCD化はされていないようで。探してみるとアメリカのレコード屋にシールドのカセットテープがあった。そうそう、最近よくアメリカの中古レコード屋でデッドストックのカセットテープを探して買っている。その魅力はというと…

1.未CD化のカタログがある。しかもノイズなし。
2.LPジャケを縦長にしたことによる強引なアート・ワークの妙。
3.A面、B面の制約下で作られた音楽をLP同様そのままで楽しめる。

ってな所。注意しなくてはいけないのは、古いと30年前くらいのデッドストックになるので、まれに開けたとたんカセット内の部品(再生テープを通す綿の部分とか)が取れたりすること。でも安ければ99セント、高くても5ドルくらいだから(未CD化タイトルで20ドルくらいのものもあるが)、それも楽しみの一つということで…


話を戻すと、ジェリー・フラー、80年代以降は目立った活動は見られないけれど、1998年に1960年から1998年までの楽曲をセルフカバーしたアルバム『Four Decades a songwriter sings his hits』をリリースしていて、彼のホームページから購入できる(http://www.jerryfuller.com/)。さきに挙げたヒット曲はもちろん網羅していて、素晴らしい喉も健在で必聴だ。


さらに、1959年から1989年(ピーボ・ブライソンによる”Show and Tell”も収録!)までのオリジナル・シンガーによる楽曲を詰め込んだプロモ盤『Jerry Fuller Songs 30 Years of Hits』というのも存在していて、ファンは海外オークションなどで探してみてほしい。さほど高いものでもないし。そしてそして、黒人ソウル・シンガー、アル・ウィルスンのアルバム『Show and Tell』はプロデュースした名作としてゼッタイに必聴でしょう!他にもO.C.スミス、グレン・キャンベル『Old Home Town』は名盤)、ジョニー・マシス、マーク・リンゼイのプロデュース作も捨てがたいし、60年代、アメリカのビートルズとしてデビューしたニッカボッカーズにも一枚噛んでいる(『LIES』はブリティッシュ・ビートのファンにも聴いてほしい作!)。今こそジェリー・フラー再評価を。