いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
[NEW!!] ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

Gladstone

markrock2013-02-16

/ …from down home in Tyler,Texas U.S.A. ( ABC / 1972 )


レコード熱が収まらない。今日もFDRで幸せな時間を。いつもアメリカの匂いのするレコードを探してしまう。


今日買ったテキサス産のバンド、グラッドストーンのLP。牛ジャケ。シールドだった!1972年発売とあるから、41年ぶりの開封…さて、これも良さそう、ぐらいのつもりで買ったのだが、大当たり!!なんと冒頭A-1”Marietta Station”ってのからして明らかにCSNフォロワーなんですよ。ジャカジャカしたアコギにエレキが絡むイントロからして来た!って感じだったけれど、3声のコーラスが来た時点でアタリを確信しました。フォークやカントリーっぽさもあるんだけれど、ロック感覚で料理していて、スティーヴン・スティルスと同質のものを感じてしまう。コンガが絡む曲もスティルスをなぞっていることがわかる。でも、聴き進めるとどの曲もハズレなし。大好きなバンジョー入りのロックもあるし。なんでこのアルバムは今まで語られてこなかったんだろう、と思う。しかもよく見るとジェリー・シェフやロン・タットといった腕利きも参加していて。メンバーはギターのダグ・ローンとボーカルのH.L.ヴォールカーの二人で、プロデューサーのロビン・フッド・ブライアンズとランディ・フォーツ(二人とも60年代にマウス&ザ・トラップスの前身マウスで一緒に活動していた)も演奏に加わっている。さらによくクレジットを見ると、同じテキサス出身のファイヴ・アメリカンズのマイケル・レイボンがギターやコーラスで参加している。ダグ・ローンは、グラッドストーンの後はセッションマンとしてニール・ダイアモンドの諸作に参加していたようだ。


ううむ、素晴らしぎる。。もう一度聴こう…


P.S.デイル・ホーキンスの『L.A.,Memphis&Tyler,Texas』の一部が録られたTyler,Texasとは、グラッドストーンと同じく、マウス&ザ・トラップスのロビン・フッド・ブライアンズのスタジオだった。