いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]2020年7月31日発売『URCレコード読本』(シンコー・ミュージック・ムック)に寄稿しました(後世に残したいURCの50曲 なぎらけんいち「葛飾にバッタを見た」・加川良「教訓1」・赤い鳥「竹田の子守歌」、コラム「高田渡~永遠の「仕事さがし」」)。
詳細はココをクリック
購入はココをクリック
f:id:markrock:20200802143148j:image
[NEW!!] ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
f:id:markrock:20200521020444j:image

【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

Chelsea Beige / Mama, Mama, Let Your Sweet Bird Sing ( Epic E-30413 / 1971 )

markrock2016-10-01



まだ聴いたことのない70年代初頭のロック・バンドなんてあるんだなぁ、とアメリカ音楽の懐の広さを思い知らされる。日本にリアルタイムで紹介されなかったバンドも沢山ある。こちらはチェルシー・ベージュというバンド。

1973年くらいまでのアメリカン・ロックにはほぼハズレがない、というのは個人的な感想。経験上どんなB級、C級バンドでも生楽器のアンサンブルでスリリングなロック・ミュージックの醍醐味が味わえる。コレ、日本でもそうじゃないでしょうか。日本だとちょっと遅れていたせいか、1976〜77年くらいまではイナタイ感じのロックバンドがいた。でも1978〜79年頃になってニュー・ミュージック的な雰囲気が挿入されてくると途端にズッコケてしまうという。

さて、チェルシー・ベージュだけれど、この唯一作『Mama, Mama, Let Your Sweet Bird Sing』、音としてはブラス・ロックという括りになる。アート・ロック的ごった煮テイスト。エピックのバンドだから、音作りも期待していたけれど、期待通りのエグイ音。ブラスやエレキ・ギターの一音一音がぐいぐい迫ってくる感じで。リード・ボーカルとピアノのアラン・スプリングフィールドが全曲を手がけている。シカゴやBS&Tなんかとも決してひけをとっていない曲もある。ボブ・ディラン風のフォーク・ロックなテイストの曲もあるけれど、そこにブラスが絡む感じも面白い。ジャズ、ロック、ブルーズ、カントリー…と幅広い音楽性を持っているようだ。プロデュースはコロンビアのプロデューサー、エンジニアだったジョン・マクルーア。アレンジがなかなか秀逸だと思ったら、アラン・スプリングフィールドと共にアレンジを手がけるサックス/クラリネットのケニー・リーマンはディスコ時代にシックをプロデュースし、ナイル・ロジャース、バーニー・エドワーズと"Dance, Dance, Dance"を共作するなどして名を挙げた人だった。



調べてみると、何でもリーダーのアラン・スプリングフィールドはニューヨーク・ブロンクスの生まれで両親はホロコーストの生き残りだったとか。スキャンダルのパティ・スマイスの母、ベティ・スマイスが運営していたギャスライトなどで演奏していたバンド、テイク・ファイヴ(もちろんデイブ・ブルーベックの曲から命名)がチェルシー・ベージュの前身。メンバーチェンジを経て、結局キャピトルと契約。S&Gなどを手がけたあの黒人プロデューサー、トム・ウィルソンがバンド名をザ・ラスト・リチュアルと改めて1969年に唯一作『The Last Ritual』をリリース。

BS&Tのフォロワーといった体だったようだけれど、余り売れず、アランのドラッグ禍で解散。メンバーの一人、ボビー・リッチグは後にシールズ&クロフツのメンバーになり”Summer Breeze”や”Diamond Girl”などのヒットを飛ばす(しかしシールズ&クロフツのバハーイ教の信仰についていけなくなって脱退し、今度はドゥービーズを脱退したマイケル・ホサックらとボナルーを結成)。

ザ・ラスト・リチュアルの解散後結成されたのが今回取り上げたチェルシー・ベージュだけれど、結局アランのドラッグのオーバードーズでその活動も頓挫したみたい。アランのドラッグ癖はそのまま治らず、1982年には残念ながら亡くなっている。ちなみにチェルシー・ベージュのメンバー、ジョン・スコーゼロ(トランペット)はビッグバンドのメンバーになり、BS&Tと後に共演している。