いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!] ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

Man / Same (Columbia CS9803 / 1970 )

markrock2016-09-08




エアロスミスやリッチー・サンボラ、ピンク、そしてミーカ(MIKA)のファースト・アルバムなどのライターとして知られているリチャード(リッチー)・スパのソロ作がCD化されているのを見て、オッ!と思った。最近は本当に重箱の隅のようにCD化が進んで、とてもじゃないけれど追いかけきれなくなったし、有り難みが半減している感じもする。BIG PINKとか、著作権切れものの再発とか。あくまで個人的には、残りの自分の人生を考えると、CDに買い換える必要もないような。アメリカン・ロック、SSW、スワンプ…のその類のレコードの多くを、かつて熱心に集めていたけれど、それらも次々にCDになっていくのだろう。しかしとんでもないレア盤を除けば、レコードにさほど値動きはないような。そっちはそっちで欲しい人がいるのかな。それにしてもそうしたマニアックな再発盤、大体300枚ぐらいの作りきりのプレスのはず。その300枚がマニアの間で買われたり、中古でやりとりされたり。ちなみに卑近な例だけれど、自分が自主レーベルで作ったアルバムも300枚のプレス。実は500枚、1000枚とプレスしてもプレス代自体はほぼ一緒なのだけれど、売れ残り在庫は生活空間を奪うので(笑)。300売るってのは、今の時代、結構タイヘンなことなのだ。新人のメジャー・リリースでも初回プレス300でその殆どがプロモーション用や全国のツタヤに…とかあるみたいですし。CDが売れない時代。リチャード・スパの今年の最新作『Enemy』もダウンロードでリリースされている。

さて、そんなリチャード・スパのソロ以前のバンド、マンの唯一盤『MAN』を取り出してきた。「人類」みたいなバンド名。そう言えば河島英五のバンドが「ホモ・サピエンス」で『人類』っていうアルバムがあったな。

このマンをはじめ、60年代後半から70年代初頭にかけて、コロンビアやエピックの売れなかった単発バンドって、テックスメックス系を含めて結構あった気がするけれど、プロダクションがしっかりしているから、今聴いても悪くないものが多い。プロデュースは泣く子も黙るボブ・ジョンストン。


ちなみにマンの前身バンドはペリー・コモの甥デニー・ベラインを中心とするDenny Belline and The Rich Kidsで、RCAビクターから1966年にアルバム『Denny Belline and The Rich Kids』をリリースしている。バンド名のRichはメンバーのリッチー・スパと掛けているのかな。ペリー・コモの甥を看板にするのは仕方ないとしても、才能のあった両看板のリッチーの名も刻まないわけにはいかなかったのかも。ロング・アイランド出身、ヤング・ラスカルズのフォロワーとして人気があったようで、シングルも幾つかリリースしている。アルバムの方はライブ盤だけれど、若さと勢いが素晴らしい。ウィルソン・ピケット(”Mustang Sally”、”Don’t Fight It”)やビートルズ(”Night Before”、”Rain”)のカバー、バカラックの”Any Day Now”やアラン・トゥーサン”Get Out Of My Life”といった有名曲で構成されており、本家ヤング・ラスカルズが取り上げた”Good Lovin’”も演っている。ブリティッシュ・インベイジョンの波、シックスティーズのある種のバンドブーム(日本で言えばGSのような)が終わり、再デビューと引き替えに名前やサウンドをニュー・ロック・テイストに変えさせられたのがマンというバンドだろう。
https://www.youtube.com/watch?v=N2yeNdWHDXM

リチャード・スパはリード・ギター、ボーカルなどを務め、デニス(デニー)・ベラインと共にバンドの中心だけれど、単独でソングライティングを手がけているのは8曲中3曲だけ(メンバーとの共作含めると5曲)。スパ曲以外だと、冒頭のギルバート・スレイヴィン、アンソニー・クラシンスキーの共作”Sleepy Eyes And Butterflies”はクラシックとロックを融合させたような異色のプログレッシブ・サウンドで印象的。他にも”Camp Of The Gypsies”だとか。でもリッチーもソングライティングに加わった”Riverhead Jail”ではスライド・ギターのイントロからしてスワンピーなロック・サウンドを聴かせてくれて。ハープシコードのイントロが少しバンドの個性なんだけど、ボーカルはポップなザ・バンドみたいなソウルフルな色で。この辺りがリッチーの本性なのかな。喫茶ロック的風情のスパ作の”Brother John”もある。そう言えば、メンバーのギルバート・スレイヴィンって、スティーヴン・ソールズなんかも参加したダスティ・スプリングフィールド1974年のオクラ入り未発表作『Faithful』(2015年に陽の目を見ている)で多くの曲を書いているギルバート・スレイヴィンと同一人物ではないかな。ただし、アルバム中先行シングルカットされたジェフ・バリー、ボビー・ブルーム、アレックス・ハーヴェイの曲が全く売れなくて、アルバム丸ごとオクラ入りしたみたいですから、運が悪いとしかいいようがない。後にソングライターとして成功するリッチーに比べると、大きな魚を獲り逃がしたことになる。


さて、対するリッチーは1971年に初のソロ『Supa's Jamboree』パラマウントからリリース。同じくパラマウントからリリースされた2枚目の『Homespun』と共にアトランタ・リズム・セクションのバックアップの元(バディ・ビューイのプロデュース)、土臭い、アクスティックなアメリカン・ロック・サウンドを作り上げた。とりわけ『Homespun』は名作中の名作で、アメリカン・ハード・ロックの源流はココにある、と言えるような音。アコギ一本を基調としつつ、ここまで骨太なロック・サウンドを作れる、という良いサンプルではないだろうか。

その後エピックに移籍し、1976年に『Lifelines』をリリース。これは個人的にはカナダのSSW、ダン・ヒルのレコードと一瞬見間違えてしまうけれど、そうしたピアノ基調のAOR路線で作ったアルバム。歌は当然むちゃくちゃソウルフルなんだけれど。そう言えばダン・ヒルピアノマンの印象があるけれど、元々アコギ弾きだったから、感傷的なソングライティングの妙は変わらないまでも、イメチェンさせられた人かも。

そして、ポリドールに移籍。ソングライターとしての名声を獲得した1978年の『Tell Tales』は、エアロスミスが取り上げた”Chip Away The Stone”の自演を含む作品。カントリーAORみたいな風情もまだ残っているけれど。”Chip Away The Stone”はエアロのスティーヴン・タイラーが大好きで(いかにも好きそう…)、シングルカットを推したらしいけれど、ハード・ロッキンなエアロのファン層はあまり反応せず、大ヒットには至らなかったという。