いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!] ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

Colours / Same(Dot Records / 1968)

markrock2017-10-22


さて、今日は60年代後半の超良質なサイケデリック・ポップの名盤を。大好きなColoursのファースト『Colours』。Coloursはデレク&ザ・ドミノスのカール・レイドルがいた…と語られることが多いのだけれど、その中心はゲイリー・モンゴメリー&ジャック・ダルトンというソングライター・コンビ。タートルズの”Makin' My Mind Up”なんかを作ったコンビですよ。ダルトン・ボーイズ名義でモータウンでキャッチーなシングルも出している。



で、アルバムを聞いていくと、ポール・マッカートニーブライアン・ウィルソンといったら言い過ぎかもしれないけれど、実に器用なソングライティング。ソフトロックとして十分聴けるコーラス。ストリングスやホーンも入って。サージェントな、ビートレスク・サウンドなんだけれど、マネとかじゃなくて筋が良いんですよね。

プロデュースはダニエル(ダニー)・ムーア!(&リチャード・デルヴィー)と聞いて思い出すのは、ダニエルの弟マシューによるバンド・The Moon。このThe Moonも兄ダニエル・ムーアのプロダクションで。ビーチ・ボーイズに途中加入していたギタリストのデヴィッド・マークスも在籍。マシュー・ムーアはビーチ・ボーイズカリブー・レコードからソロを出していた。で、このThe Moonの1969年のセカンドにもサンクス・クレジットから想像するに、Coloursのゲイリー・モンゴメリー&ジャック・ダルトンが参加している模様。そしてジム・ケルトナーの名前も!マシュー・ムーアのテイストによるせいかThe Moonの方がスワンピーではあるけれど、Coloursと同時代産・親戚筋のポップ・サウンドだと感じられる。でも、それもそのはず。Coloursの1969年のセカンド『Atmosphere』にはデヴィッド・マークスが参加していたのだった。

ちなみにソフトロックのリイシューで有名なNOW SOUNDSより2008年にColoursのファースト&セカンド+ボーナストラック含め28曲入でCD化されている(『Love Heals :The Complete Recordings』)。リマスタリングされた音は結構良かった。