いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。 『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!! ●石浦昌之著 ●定価:本体2500円+税 ●A5判(並製)384頁
詳細はココをクリック
注文はココをクリック

【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック

Lindy Stevens / Pure Devotion

*[SSW] Lindy Stevens / Pure Devotion (Decca / 1972)

 

f:id:markrock:20190305233621j:plain

 最近何気なく買ってみて感動した盤。リンディ・スティーヴンスというミルウォーキー出身の女性ジーザス系シンガーソングライターの唯一作。ダニエル&マシュー・ムーア兄弟の参加も目を引く(プロデュースはマシュー・ムーア)。フリー・ソウルな冒頭の”Ask The Lord”で掴みはOK。タイトル曲の”Devotion”が完全にローラ・ニーロ風なピアノ弾き語りの大名曲。崇高なハイトーンのこの1曲だけで本当に素晴らしいと思ってしまった。名匠ロバート・アペルがエンジニアリングを手がけた初期作品ではなかろうか。セクション、ダニー・クーチのソロ、ニール・セダカなどで一世を風靡する人。だから、そっちの音が好きな人にも堪らないはず。しかしここでギターを弾くのはクーチではなく、後の名セッション・ギタリスト、ディーン・パークスなのでありまして。彼にとって、1971年のヘレン・レディのファーストに次ぐ、ポップ・フィールドでのセッション初期作だと思われる。ディーンはストリングスと木管のアレンジも手がけている。中にはキャロル・キング風の楽曲もあるが、質は高い。珠玉の1曲はシングル・カットされた”Pennygold”。ローラ・ニーロの”Stoned Soul Picnic”をもっとアップなノーザン・シャッフルにしたような甘酸っぱい感触で!f:id:markrock:20190305233645j:plain