いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
[NEW!!]編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

 Tower Of Power

markrock2010-02-26

/ Great American Soulbook ( TOP Records / 2009 )


いやはや、今年こそはレコ買いを控えようなどと思いつつ、止められない。今年もとっくに100枚は越えてしまっただろうか。数えてはいないけれど。このサイトを訪れていただいている方なら判って頂けるだろうけれど、マア病気ですな。


さて、タワー・オブ・パワー、昨年のデビュー40周年の新作。ジャズではカーメン・マクレエやロッド・スチュワートに”Great American Songbook”ってタイトルがありましたが、ソレのソウル版ってな趣のタイトル。ロッドは正にそのソウル編『Soulbook』(http://d.hatena.ne.jp/markrock/20091103)を昨年リリースしていたけれど。


中身だけれど、ロッドのものよりはTOPらしさを生かしたちょっと通な選曲かな、と。それでも有名曲は多いのだけれど。全体としては脱退していたギタリストのブルース・コンテが13曲中10曲に参加している。フランシス・ロッコ・プレスティアのベースとデヴィッド・ガリヴァルディのドラムスも実に快調だし、ホーンも随所にしっかりと聴こえている。


それでもサム・ムーア(”Mr.Pitiful”)、トム・ジョーンズ(”I Thank You”)、ジョス・ストーン(”It Takes Two”、”Heaven Must Be Missing An Angel”)、ヒューイ・ルイス(”634-5789”)というゲスト陣にソウル往年の名曲を歌わせているように、ゴキゲンなソウル・サウンドを気軽に楽しんで、とでも言うような仕上がりが楽しい。JBトリビュート・メドレーもあるし。あとはビリー・ポールの不倫ソング”Me And Mr.Jones”も普通に良かった。


プロデュースは殆んどをエミリオ・カスティーヨが、3曲をジョージ・デュークが手がけている。