いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

[NEW!!]2022年2月24日発売、ビッグ・ボッパー『シャンティリー・レース』、フィル・フィリップス『シー・オブ・ラブ:ベスト・オブ・アーリー・イヤーズ』、チャド・アンド・ジェレミー『遠くの海岸 + キャベツと王様』の3枚のライナーノーツ寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20230129183945j:image
[NEW!!]2022年12月23日発売、バディ・ホリー・アンド・ザ・クリケッツ 『ザ・バディ・ホリー・ストーリー』(オールデイズレコード)のライナーノーツ寄稿しました。
購入はココをクリック
f:id:markrock:20221230235618j:image

 Tower Of Power

markrock2010-02-26

/ Great American Soulbook ( TOP Records / 2009 )


いやはや、今年こそはレコ買いを控えようなどと思いつつ、止められない。今年もとっくに100枚は越えてしまっただろうか。数えてはいないけれど。このサイトを訪れていただいている方なら判って頂けるだろうけれど、マア病気ですな。


さて、タワー・オブ・パワー、昨年のデビュー40周年の新作。ジャズではカーメン・マクレエやロッド・スチュワートに”Great American Songbook”ってタイトルがありましたが、ソレのソウル版ってな趣のタイトル。ロッドは正にそのソウル編『Soulbook』(http://d.hatena.ne.jp/markrock/20091103)を昨年リリースしていたけれど。


中身だけれど、ロッドのものよりはTOPらしさを生かしたちょっと通な選曲かな、と。それでも有名曲は多いのだけれど。全体としては脱退していたギタリストのブルース・コンテが13曲中10曲に参加している。フランシス・ロッコ・プレスティアのベースとデヴィッド・ガリヴァルディのドラムスも実に快調だし、ホーンも随所にしっかりと聴こえている。


それでもサム・ムーア(”Mr.Pitiful”)、トム・ジョーンズ(”I Thank You”)、ジョス・ストーン(”It Takes Two”、”Heaven Must Be Missing An Angel”)、ヒューイ・ルイス(”634-5789”)というゲスト陣にソウル往年の名曲を歌わせているように、ゴキゲンなソウル・サウンドを気軽に楽しんで、とでも言うような仕上がりが楽しい。JBトリビュート・メドレーもあるし。あとはビリー・ポールの不倫ソング”Me And Mr.Jones”も普通に良かった。


プロデュースは殆んどをエミリオ・カスティーヨが、3曲をジョージ・デュークが手がけている。