いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!]11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
[NEW!!]編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

Ramblin’ Jack Elliott

markrock2009-12-20

/ A Stranger Here ( Epitaph / 2009 )


ランブリン・ジャック・エリオットの新作が国内盤で出るなんて。全くビックリしてしまう。前作『I Stand Alone(http://d.hatena.ne.jp/markrock/20070207)は日本盤は出なかった。本作はリーマン・ショック世界恐慌の再来と騒がれたアメリカのこのタイミングで30年代のブルーズをカバーした盤。初期ディランのアイドルだった彼も既に78歳。生ける伝説というに相応しい人物。1995年にグラミーを獲って以来、新たなピークを迎えた感もある。


それで、本作のプロデューサーはジョー・ヘンリー。ベテランを土臭く復活させるのに長けた人。、ディランと被るゲストとしてロス・ロボスのデヴィッド・ヒダルゴが参加していたり、ヴァン・ダイク・パークスの名前を見つけられたりと、弾き語り一辺倒ではない。


例のブルーズ・ムーヴィーのタイトルにもなったM-4“Soul Of A Man”(ブラインド・ウィリー・ジョンスン)、人間のソウルは何かと問い続けるエリオットのブルーズ・フィールに圧倒される。ミシシッピジョン・ハートのM-5”Richland Woman Blues”はいつものエリオット節。そしてアルバム・タイトルに詩の一節が使われたM-7”New Stranger Blues”は私がHPを作らせて貰っているブルーズメン、Broom Duster KANもレコーディングしている大好きな曲。居場所が見つからない、ってのは人間が持ち続けざるを得ない感覚なのかもなと思う。


さて、プロデューサーのジョーはエリオットがウディ・ガスリーを歌った名盤『Ramblin Elliott Sings The Songs of Woody Guthrie』に早いうちに触れて衝撃を受けたらしい。


フォークものも最近改めて聴きなおそうと思っていて、今年手に入れた英トピック・レコードの7枚組ボックス『Three Score & Ten』やブロードサイド誌掲載楽曲の名編集盤『The Best of Broadside 1962-1988』辺りを取り出している。