いしうらまさゆき の愛すべき音楽よ。シンガー・ソングライター、音楽雑文家によるCD&レコードレビュー

f:id:markrock:20190212213710j:image
いしうらまさゆき へのお便り、ライブ・原稿のご依頼等はこちらへ↓
markfolky@yahoo.co.jp

f:id:markrock:20200521020444j:image
f:id:markrock:20190212212337j:image
[NEW!!] ohno tomokiとダニエル・クオンによるデュオ「x-bijin」初のアルバム『x-bijin』(2020年6月26日発売)、リリースインフォにコメントを書かせてもらいました。
詳細はココをクリック
11月15日発売のレコードコレクターズ12月号に加奈崎芳太郎『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(明月堂書店)の書評が載りました。
f:id:markrock:20200521021219j:image
編集・ライターを担当した加奈崎芳太郎著『キッス・オブ・ライフ ジャパニーズ・ポップスの50年を囁く』(エルシーブイFM「加奈崎芳太郎のDIG IT!!」書籍化)が2019年8月に発売されました。
●加奈崎芳太郎著・桑畑恒一郎写真
●定価:本体3000円+税
●A5判(上製)416頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【メディア掲載】
『毎日新聞』2019年10月3日掲載 「元「古井戸」加奈崎芳太郎さんが本出版 音楽活動50周年の集大成」
詳細はココをクリック
『長野日報』2019年9月25日掲載 「音楽文化で伝える戦後 パーソナリティのFM番組まとめ 加奈崎さん書籍刊行」
極北ラジオ石浦昌之の「哲学するタネ」が書籍化されました。
『哲学するタネ【東洋思想編】――高校倫理が教える70章』(石浦昌之 著)2018年9月発売!!
●石浦昌之著
●定価:本体2500円+税
●A5判(並製)384頁

詳細はココをクリック
注文はココをクリック
【書評掲載】
『情況』2018年秋号 田中里尚(文化学園大学准教授)「教えられぬことこそ語り続けなければならない―石浦昌之の実践について―」
『日本教育新聞』2019年3月18日 都筑 学(中央大学教授)「先哲から学ぶ人生の知恵」
ココをクリック
【ブックガイド掲載】
斎藤哲也『もっと試験に出る哲学――「入試問題」で東洋思想に入門する』(2020年、NHK出版新書)

成田賢 

markrock2009-05-16

/ 汚れた街にいても ( CS FJSP-65 / 1972 )


ジャケは見えにくいけれど、銀色にマッシュルームTシャツを着た成田本人のイラストがうっすらと入っているというもの。前回取り上げたファースト(http://d.hatena.ne.jp/markrock/20090509)に次ぐ2作目だ。今回は“ルパン”で知られる大野雄二アレンジ(A-3のみ馬飼野俊一)。ニューソウル的な色合いも帯びた趣味のいいボーカル盤と感じた。バッキングは田中清司、杉本喜代志、山内テツ鈴木茂ら。


A-1”愛ある限り”は元“愚”というより中島みゆき長渕剛吉田拓郎のアレンジで知られる瀬尾一三の作。安井かずみの詩でシングルカットされたもの。マーヴィン・ゲイ『What’s Goin’ On』を意識したと本人は言うけれど、バッキングはそうであれメロディは歌謡的。そのバランスがなかなか魅力的なのだ。シングルとは別アレンジ。シャンソン風のメロにジャジーなギターソロが絡むA-2”遠い愛の日を夢みて”は大野アレンジがピッタリとハマッた佳曲。歌謡ロックA-3”今日からエトランゼ”は後のアニソンに連なる系譜。大野雄二が作曲したA-4”やすらぎの世界”は『DRIVE meets 喫茶ロック』に収録されているようだ。サビはLeon Russell、D&B.Bramlettの”Superstar”なんだけど、いい曲。


B-1”淋しそうな若者たち”はレア・グルーヴ的観点から見ても要注目!!高揚するアレンジとギター・ピアノソロの嵐のごとく圧倒的な演奏力に息を呑む。フォーキーなB-2”花結び”、B-3”できることなら”を経てB-4は長いタイトル。”人間の醜さがひき起こした奇怪な美しさの裏にひそんだ不快な感情を題にした詩”。これも大野らしいスリリングなアレンジが堪らない。鈴木茂の歪んだギターも聴きモノ。タイトル曲B-5はオーケストレイションに導かれて朴訥とした楽曲。こういうフォーキーなものが地かも。ラストのロックB-6”春だもの”には大野とプロデューサーのミッキー・カーチスがコーラス参加。